RSS

月別アーカイブ: 6月 2012

古賀政男のオナニー

ニッポンモダンタイムス Empire of Jazz

八方破れ言いたい放題―著名人69人を爼上にのせて悪口雑言メッタ斬り

最近リイシュー盤が出るなど脚光を浴びるディック・ミネ、生前の記憶は全く無い。かなり無茶してたというのは噂では色々聞いた。この本はそんなミネの「言いたい放題」が満載なのだがそこにに興味のある一節が。

古賀先生と呼んでいた古賀政男についてこんなことを書いている。

「釈迦の仏壇返し」これも古賀先生に教わったんだけどね。あの人、性的にちょっと変わったとこあってね。

下に布団敷いて、押入れの上の段に登るの。それでセンズリかいて、それっていうとき、布団に転がり落ちるんだって。それが最高にいいんだって。これが「釈迦の仏壇返し」。これじゃ、新婚の奥さんも逃げ出すよな。

最後の一節にもあるようにやや何某かをほのめかしている。

 古賀先生の言葉で忘れられないのが、

「女は魔物だ!」

どういうことかよくわからないけど、忘れないよ。あの人、一回結婚してるんですよ。だが、女房がすぐ逃げ出した。原因はどっちにもあるんだががね。

古賀先生は女言葉を使うんだよ。ちょっと高い声なんだけど、口もと押えて「あらっ」なんて、しょっちゅうやってた。

決定盤 古賀政男 心のギター

;
なんとなくは知ってたが。

わからないのは何で俺がこの本を持ってるのか?自分で買った覚えはあるのだが何で買おうと思ったのか・・・どういうことがよくわからないけど・・・

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/24 投稿先 BOOK, 芸能, Music,

 

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)藤沢数希著

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

原発賛成派、池田信夫の劣化コピーの藤沢数希の著作。この本に関して言えば池田信夫の本よりはマシな内容。理由は引用される資料には出典が記してある。これは地味ながら重要。

内容は池田信夫の著作とほぼ内容ながら結論が若干違う感じ。内容は、

1:原子力より火力・水力発電の方が死亡確率が高い。

2.放射線のリスクは思っているより低い。

3.自然再生エネルギーはコストが高い。

4.化石燃料はいつか枯渇する、それに比べてウランは・・・

5.経済と命はトレードオフの関係には無い。

6.原子力の解説

7.次世代の原子力発電は有望

8.福島第1原発事故は人為的なミス

9.原発事故の賠償額は対した問題では無い

というような感じ。

池田信夫との違いはスマートグリッドにやや懐疑的という位。

P104.化石燃料はいつか枯渇する石油は40年、と書かれているがウランも100年

→枯渇する年数の問題でウランは無尽蔵ではない。石炭は122年。

P159.それでも原発を推進するには核燃料サイクルの開発で克服しよう。そのため研究開発は続けるべきだ。成功例もある。

→もんじゅの失敗については「根気よく開発」の一言で終わり。

p.167高レベル廃棄物の処理は固化体ガラスにして深い海溝に捨てればよい

→現在はロンドン条約で禁止されている点「一つのオプションとして残しておく」「モンゴルなどに引き取ってもらえばWin-Winの関係を築くことは可能」など何一つ現実的ではない。海溝に捨てるとすればロンドン条約からの脱退させられる可能性を配慮してない。

P199.核融合炉も有効

→と書いてあるだけ。

今原発に突っ込まれている問題に関しては池田信夫と同じロジックで反論って感じです。しかし、こちらの方が誠実かなと思う。

まぁ、経歴査証疑惑もある御仁ですのでちょっと遠めに見つめておこうかと。

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/16 投稿先 BOOK, 震災・原発, , 事件・事故

 

『諸君!』『正論』の研究――保守言論はどう変容してきたか上丸 洋一 (著)

『諸君!』『正論』の研究――保守言論はどう変容してきたか以前(3.11以後)図書館で『正論』を立ち読みした時、渡辺昇一が「はやぶさを作った日本の技術力で増殖炉もんじゅを完成させ、輸出すれば日本の未来は明るい。」とか書いてあって「マジで書いてるのか!!??」と衝撃だった。もんじゅの完成予定は”2030年以後”で完成する見込みやロードマップも未定なのに・・・余りのバカ論文っぷりに衝撃を受け図書館に行く度にペラペラめくるようにしてる。

でこの本。2段組411Pの厚い本で読み通すに時間がかかってしょうがない。中々な労著って奴で、正論、諸君を読んで、周辺の論文を読んで、事実関係を調べて・・・まぁ正直言って疲れそう・・・という想像。目次は下の通り。

序章 生きている紀元節―なぜ、『諸君!』『正論』の研究なのか
第1章 『諸君!』創刊への道
第2章 カリスマの残影―鹿内信隆と『正論』創刊
第3章 日本核武装論―清水幾太郎と西村眞吾の間
第4章 靖国神社と東京裁判
第5章 A級戦犯合祀不快発言と天皇の戦争責任
第6章 永遠の敵を求めて
第7章 岸信介と安倍晋三を結ぶもの
第8章 朝日新聞批判の構造
第9章 空想と歴史認識―田母神俊雄と林健太郎の距離
終章 蓑田胸喜と『諸君!』『正論』の間

単に右翼雑誌だと思っていたが、昔はいい時代だったんだなぁとしみじみ・・・一応左翼へのカウンターである雑誌だったが左翼同様、論者の中にも論争がありそれを許容していた(当然雑誌にも反論が掲載された)。それが様々な時代の出来事が重なり今のおかしな論調になっていった歴史が詳細に書かれている。

読む限り変化のきっかけになったのは、

1.冷戦の終結

2.村山談話

3.昭和天皇靖国参拝に関する富田メモ

4.小泉訪朝

5.民主党政権発足

冷戦時代、韓国は「反共の塞」としての仲間であり、日本の植民地支配も起こったものとして受け止めどうやって今後を過ごすか?が論争のテーマであった。そして冷戦の終結、村山談話の発表により日本が謝罪したことへの反発、昭和天皇がA級戦犯の合祀に否定的な意見を持っていたことによるA級裁判や東京裁判、靖国神社自体の問題、小泉訪朝によって拉致事件を北朝鮮が公式に認めたことで、「敵」がどんどん変化していった。反日という言葉も記事のタイトルになったのは1969年~1989年まで通算2回(諸君・正論2誌合計)しかなかった。意見。2000年代になり、寄稿者が固定化されると雑誌のカラーが一気に過激化し始めた。それまでは寄稿者間での論争が頻繁にあったがそれがなくなり始めた。

筆者が考える所によると最も大きい変化は3.冨田メモで保守論壇がうろたえているかのように思えたらしい。その中で常々朝日新聞が否定される文面が作られるが、朝日新聞が攻撃され始めた大きな理由が「最も影響力のある新聞だったから」という余りにストレートな理由だった。

本の問題点、というには大げさかもしれないが筆者が朝日新聞系列出版社で発行していた『論座』の元編集長なので、立ち位置が『正論』『諸君!』の内容に疑問を持ち、懐疑的な姿勢を持ち続けている。そのため両誌の論文の内容に関する事実誤認は原書にあったいるので正確だが、意見が2分する問題にはチラチラと筆者の心情が伺える。

私が希望していたのは良し悪しはさておいて、どう変わっていったかという点を掘り下げて欲しかったが、筆者が社会学者ではないのでそれを求めてもしょうがないのだが、それは本書でちゃんと触れられたので大きな減点ではない。

3年前の『諸君!』に

「日本の原子力施設の耐久性能は日本一に違いない」

「恐怖心をいたずらに煽る国内の『反核』の圧力により、〔原発〕推進側のアクセルに過剰なブレーキが作用しるのが日本の状況と筆者は見ている」

と書いたらしいが、震災後にも

「飯館は低線量で避難の必要はない。政府は将来の線量予測を過剰評価しており、その介入政策には根拠がない。(略)」

と書いており、日本が放射線で汚染されても(仮に線量が低くても)保守陣営としては問題は無いのか?筆者は疑問を呈している。

また冷戦中の論者は「各国にはそれぞれの愛国心があり、それを許容しないと自国の愛国心も許容されない」と考える筆者もいたらしく、最近の憂国者は窮屈で何かに賛成し、何かに反対し何かに賛成する、イデオロギー不在のようだ。

更に在特会などネットウヨと呼ばれる過激な意見の持ち主は、これに加えて(韓流に反対して)同じフジサンケイグループであるフジテレビにもデモへ行った。誰も味方についてくれないのか、もう少し余裕を見て静観してればいいのに・・・と思ってしまう。もっと単純に言うとドラマくらいどっちでもいいじゃん、と思うのだが。韓流ドラマの日本放映はエンターテイメントに関する韓国政府の国策であり、日本も同じように政府が国策で行えば韓流ドラマなんか目では無いほどのクオリティーが作れると思うのだが、官僚が駄目なのか日本のドラマのレベルが低いのか海外で人気のある日本の番組はアニメやバラエティー番組、ドラマであっても「おしん」くらいといった散々な状態。反韓の方々もどっちに文句を言えばいいだか・・・という感じではないかと要らぬ心配をしてしまう。

それに納得しないのか最近では韓国・電通・民主党・吉本興業・マスコミ・・・による陰謀という論者もネットには少なくない状況でこっちも頭を抱えてしまう。その1人が片山さつきという国会議員というのも拍車を掛ける。もう少しでロックフェラーやフリーメーソン、ユダヤ人、CIAや宇宙人と色々な奴が敵として出てこないか心配してしまう。

 

というような最後は国を憂う文章になってしまいました。

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/14 投稿先 BOOK, 政治,

 

片山さつき、#生活保護 問題で簡単に釣られる

また片山がネタを提供。

このツイート

mita0306 / 三田光
@katayama_s 昨日、長井秀和が「私は創価学会会員です。生活保護受給の後押し をしました。 申し訳ありません。河本のように話題になる前に謝罪します。」 「それから、池田大作先生はいつ死ぬのでしょうか?最近の動く姿 を見ません。」 とライブて発言していた。

に片山が反応。

@mita0306 本当ですか・それは驚きですね?

ツイートした本人に確認してみた。

長井秀和が創価学会会員と公言しているが、その発言は時事ネタでは無くマジに謝罪してるの?RT @katayama_s: @mita0306 本当ですか・それは驚きですね?

注:長い秀和は自身が創価学会員であることは公言している。

返信があった。

@kkamiya あのぅ、これはネタだと思いますよ。もう少し冷静になって下さい。わら

ということですよ。

@mita306さんは狙って釣ったようで他のツイートも次のように。

@katayama_s は @hamusoku =東スポの記事を信じている。東大はオワコン

@yujiadkg 仰る通りです。ただね、片山がどういう反応するのか見てみたかったので試してみたのです。片山みたいに裕福な家庭で育ち、幸せな人生を送っている人なんて居ませんからね。

@simalis1 そうです。河本準一さんも、今回の件についてネタにするくらいの芸人でなければなりません。

@Allenboomcat 仰る通りです。片山を試してみたかっただけです。

片山のネットリテラシーはゼロよ!

(何かの漫画かアニメのせりふのパロディーらしいですがネタ元を知りません)

片山支持者の誰か、片山さつきにツイッターの使い方教えてやれよ。

 

ツイッターの使用は国政報告くらいにしておいた方がいいんじゃないですか。

 

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/10 投稿先 芸能, Twitter, 政治

 

原発「危険神話」の崩壊 (PHP新書)池田信夫著の感想文

原発「危険神話」の崩壊 (PHP新書)色々炎上マーケティグと気にくわないツイートや反論してきたFaceBookアカウントをブロック・スパム報告に忙しい池田先生。かくゆう私の1度もメンションを飛ばしたことないのにブロックされちゃうし。池田先生ウォッチ楽しみにしてたのに・・・で、この本です。悪い本ではないです。こういった意見もあると勉強する意味では。

 

 

 

大雑把に言うと言いたいことは次の通り。

・福島第1原発事故は苛酷事故では無い。

・放射能の被害は無視できるレベルのものなのに変なやつが色々騒ぐから酷いことになる。

・変なやつらの例

・自然・再生エネルギーが非効率である。

・電力の自由化を進めるべき。

・原発使ったほうが料金安いぜ。

・新しいタイプの安全な原発もあるよ。

出版元が悪いのか著者が悪いのか分からないが、「急ピッチに作ったんだなぁ・・・」と思うくらい文章がちょっと・・・

p157に唐突に「われわれは・・・」という単語が出てくるのだが誰のことなのかは次のページを読んでこの人達のことなのか、と見当つけるまで分からない。

参考文献が載っていない資料を使う。(p46)・・・池田先生の中では常識なのか?

(p80)再処理に反対する河野太郎氏(衆議院議員)も「海外投棄はビジネス上には可能だが、国際世論が許してくれるかどうか」というように、もっぱら政治的な問題である。日本政府の政治的意思が明確なら、取引してくれる途上国はいくらでも見つかるだろう。原子力は政治的なエネルギーであり、それを解決するのも政治しかないのだ。(p173)使用済み核燃料の処理は技術的にありふれたものだが、政治的な理由で地下数百メートルを埋めるために大きなコストがかかる。・・・という経済学の学者さんなので政治的なコストは度外視している。俺は知らん、政治がちゃんとすればいいんじゃないということか?

経済学の領域と思われる原価総括方式には手をつけない。

発電量における単価は原子力が一番安い。電源三法・研究開発費は過去のコストだから、将来のことを考えれば安い、って過去のコストを支払ったのは筆者を含む国民の税金と電気代なんですが・・・

(p120)(略)河野太郎は2(注:原発をゼロにする)を主張している・・・河野太郎は新規設置を行わず耐久年数が30年を超えたものを廃炉にすれば2030年までには原発をゼロに出来る、と主張している・・・事実誤認?

池田先生の著書なので眉に唾つけて読んでみたが、先生のお嫌いな文系バカ素人の私でもあれ?と思うことが多い。それは私の好き嫌い故なのだが、池田は、感情や好き嫌いで色々決めるんじゃない、事実に基づいて決めるべし、と言いたいようだ。経済学に倫理は無いのか?と疑問だし、それはそうなのかもしれんが、この原発事故により政府・東電・原発への反発が大きくなったことは世論調査で明らかなのだから、それらの「政治的コスト」は上昇したと考えるのが普通だと思うんですが、どうでしょう池田先生?

あ、それから蛇足ですが池田先生、ツイッターやりすぎ。大学のお仕事は大丈夫でしょうか?こんなところです。

 

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/10 投稿先 BOOK, 震災・原発, NEWS, 政治, , 事件・事故

 

麻原彰晃の誕生 (文春新書)高山 文彦著

麻原彰晃の誕生 (文春新書)

菊地容疑者の逮捕で色々な動きや陰謀論が渦巻く中、本書を読んでみた。正直なところ、菊地容疑者逮捕前に図書館で借りてまだ返してない。あまりのタイミングに自分でも驚く。

松本死刑囚の出生から事件を起こし逮捕されるまで、筆者は丹念に取材している。同級生にお菓子を上げてまでして生徒会長に立候補して落選した話。当時の教諭が語った、

「智津夫にあるのは自己主張だけでした。最後にのこったものは、あきらめなんです。指導できなかったと言う挫折感があれば、まだ救われるんですよ。挫折感を懐くということは、生徒になんらのかたちでこちらの思いが伝わった事実があったということですから。」

代々木ゼミナールでの妻との出会い、薬事法で逮捕された際の担当刑事の対応と検察の対応の鈍さ、西山毅夫(現祥雲)との出会いと「副教祖にしてくれ」と請願した話、ヒヒイロカネと酒井勝軍と竹内文書との出会いを経てたどり着いたハルマゲドン、空中浮揚写真をマスコミに売り込みうまくいった話、その後、空中浮揚写真をカメラマンから奪おうとした話、教団が大きくなるにつれて尊大になる教祖、ダライ・マラへの接近etc

ちなみに麻原がヒヒイロカネと信じたものは「餅石」と呼ばれる簡単に手に入るものであった。

これまで知らない”オウム”以前の話が山盛り。

面白いエピソードとしては「真理教」の命名の理由。

京都の一部では知らない人の居ない目川探偵に天理教の経営状態の調査を依頼したあと、再度訪問した麻原は「教団の名前はどんなのがいいですかね」ときかれ、目川は天理教に因んで「あいり教、いんり教、うんり教・・・」とあ行から順にならべていき、いきついたのが「しんり教」で「真理教ですか。なかなかいいですね」という理由で決めた、というエピソード。結構いい加減だ。(そして調査料は踏み倒されたとのこと。)

ポア=殺人ということ場を使ったのは1987年1月。1994年の説法では「真理に反するものは、はやく殺すほうがいい。殺されるものも高いところへ転生する。(略)1997年に日本を支配する王として君臨するヴィジョンを見た。これが神の啓示だった。そして2003年年までには、世界の大半がオウムになるだろう」と語る。

当然オウムが望む2003年は来なかった。

サリン事件当時、「なぜあそこまで行ってしまったのか」と評論されたが、私が印象に残っているのは「仏教学者や宗教学者がオウムの教えに正面から向かい合って教義の検証や間違いを正さなかったから」という説。仏教とチベット密教とオリジナルの混同。ポアの意味などは数年後に海外の宗教学者の訳本にて初めて分かった位だった。

麻原の強烈な自我と付いて行った信者、ある種の悪運。

NHKの特集でサリンの製造量が70億人の殺傷能力を持っていたと聞いてビックリしてしまった。自分以外は全員殺そうとしていたという想像を超えた欲。

もうすぐ歴史的な事件になりつつある。私が3億円事件を本を読むしか知る手立てが無いのと同じように今の10・20代は知らない。

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/06 投稿先 BOOK, TV, 事件・事故

 

片山さつきっておかしいよ、やっぱり。このご時世にあの髪型ですよ。聖子ちゃんカットですよ。

生活保護問題で色々アレかな・・・と思う片山さつき議員。

生活保護問題以外にも「おかしいなぁ・・・」と思う事が。

結構、在日韓国・朝鮮人差別と思われるツイートしてる点です。

本人はツイートせずに、公式RT。これ逃げに使われる可能性が。

国会議員が他のツイートを公式RTする内容か?疑問に感じます。

http://twitter.com/JP_Quest/status/207124170516078592

このピックアップは私が「おかしい」と思うものですので、当然私の主観です。

6/5追記—————————————–

↑これどうよ?視聴率自慢って。憂国のネットユーザーの方々(ネットウヨクというと怒るらしいので)これこそ日本をおかしくしてる奴だと思いません?

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/04 投稿先 疑問, Twitter, 政治

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。