RSS

カテゴリー別アーカイブ: BOOK

陰謀史観 (新潮新書) 秦 郁彦著

陰謀史観 (新潮新書)

歴史の専門家がウヨが言いがちなコミンテルンやウォー・ギルドナンチャラ・3s・真珠湾攻撃わざとやられた説・・・などなどを一刀両断とは言わないが、バッサリ切った本。

と学会などでは論破されている田中上奏文、石原完爾が言い出した世界戦争論だなんだ色々戦争に使われてきた。

今現在の陰謀史観はほぼ以前からあるもの焼き直しに過ぎないことを表す現代的状況を体現する田母神論文批判には1章を費やしている。

 

田母神論文の実物を読んでないのだが、コミンテルン陰謀論をメインに「日本は悪くない」と声高に叫ぶが表彰したアパホテル含め歴史家が殆ど褒めてないというだけでそれ程度の内容なんだが、それなりの高名な人が絶賛し、その保守的姿勢も相まって日本会議系がバックアップし選挙に出馬、あやゆく当選しそうになる状況になってる。

たいてい、フリーメーソンやここで出てくるコミンテルンやらその一つで全て完結してしまうマジック・キーワードが出てくる時点で・・・

そんな簡単に政治や国際状況は変わらない。ユダヤ人だけで世界は回ってない、という当たり前なことを再確認できる。

新書だけどちょっと読みすすめるのが手間というのが難点かつ内容が凝縮されているので全体を捉えやすいというコインの裏表になっている。

 

 
コメントする

投稿者: : 2015/03/10 投稿先 BOOK, 政治, , 俺の好物

 

ゆめいらんかね やしきたかじん伝 角岡 伸彦 (著)

ゆめいらんかね やしきたかじん伝 「殉愛」以前に書かれたやしきたかじんの評伝。

一部のネットではたかじんの出自についてが大きく取り上げられた。「たかじんのそこまで言っても委員会」やってた人が在日朝鮮人だった(出身地も西成区を天王寺区とごまかしていた時期があった)というのが結構驚くとともに、長いこと連れ添ったスタッフや会社を結構素早く切って行くことや東京に対するアンビバレンツな感情などが取材で明らかになていく。歌手としては東京で売れなければいけないというプレッシャー、何回か東京に進出しているが(秋元康とはその際に知り合っている)、それが失敗する旅に東京への複雑な感情を持つものの、自身の最大のヒット作が「東京」という曲という最大の皮肉が面白い。

読んでいくと非常に気の弱く優しい人で、プレッシャーに弱く繊細で自分を演じているという点において横山やすしを思い出させる。小林信彦の「天才伝説・横山やすし」に書かれた自分のキャラに憑依する横山やすしに似た人だなぁと思った。

自分を演じるのに疲れていたという証言もこの本には書かれている。

基台の頭の回転の早さと繊細さ、自己演出。

辛坊治郎という「巨悪」 – kojitakenの日記
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20150226/1424908986

を読んで思ったんだがたかじんはそのような出自で政治には一定の距離を撮っていたのになぜ「たかじんのそこまで言っても委員会」を始めたのか考えてみたんだが、芸能という点で見ると上岡龍太郎の不在が大きいじゃないだろうか?

関西芸能人には「理屈言い」とも言えるジャンルがある。その理屈は正確でなくてもよく「屁理屈」でもいい。その上岡龍太郎が関西芸能界で唯一と言ってもいいくらい見事な引き際(引退)によりこの「理屈言い」の枠が開いた。そこに入ってきたのがたかじんだったじゃないだろうか?そこまで言っても委員会のパートナーが辛坊治郎というのもよみうりTV制作という要素以外に、辛坊治郎が上岡龍太郎から最も嫌われた在阪民放局アナだったというのが皮肉にも物語っている。上岡が辛坊治郎を嫌った理由は「アイツは芸人を見下している」というものだったが芸人ではなく歌手であるたかじんにはあってたんだろう。

たかじんが関西芸能界に残した功罪のうち、そこまで言っても委員会は罪の部分だと思っている。関西において時折右な発言をするというのはラジオの得意技だったんだがそれをTVに持ち込んだというのはたかじんの発明であり、今の状況を作ったすくなくない要因だと思う。

ある時、たかじんのブログに「俺はフリップ芸を極めたい」という事が書かれていた。あの指し棒とフリップで笑いを取る方法はすきだったのでそれはいい!と私は同意したんだが、くしくも委員会にはフリップはなかった。

あのへんから自分の望む芸が出来なくなっていったのかもしれない。

ということで芸能の視点からたかじんのあれこれをまとめず書いてみました。

 
コメントする

投稿者: : 2015/02/27 投稿先 BOOK, 芸能, TV, 政治,

 

ぴあmusic complex 坂本龍一責任編集号がどこにもない

古本屋にもオークションにもない。たしか持ってたはずなんだけどなぁ・・・

 

g3-rs0

ぴあmusic complex 坂本龍一責任編集号

確か坂本龍一が選ぶ100枚という特集が面白かったので一時期それを参考にCDを買っていたくらい。

そのうち坂本龍一よりそっちで紹介されたCDばっかり買うようになったんだけど。

誰かがブログでも書いてないかなと思って検索しても全く載ってない。

やっと探したのがこれ。

誰かオークションに出さないかな。1000円くらいなら買うのに。

 
コメントする

投稿者: : 2014/12/18 投稿先 BOOK, CD, Music,

 

何故か気に入らない著名人メモ

本やネット・TV・ラジオで有名なのにどうしても手が伸びない人がいるもので、ズラッと並べてみたが自分でも気づかない共通点でもあるのか。

●いとうせいこう
→何故か受け付けない。そもそも「オモシロ」気取ってるのにさして面白くないところか?

●佐高信
→以前はよく読んでたんだが読むうちに批判する理由がおかしかったり、同じネタ使い回しすぎ。

●辻仁成
→エコーズの頃から気に入らなかった。というかANNから。
「ZOO」がバロー・マニロウの「コパガーナ」のパクリだったりやしきたかじんとの喧嘩エピソードがお気に入り。

●上杉隆
→この人もよくラジオで聞いてたんだけど、ラジオ降板・町山論争で完全に見限った。

●青山繁晴
 →この人の情報が非常にいい加減。これを支持する層が嫌いなんかも。

●大橋巨泉
→本人はツッコミだと思っているが実際にはボケ。ツッコまれると面白いのに。そこに気づかずに薀蓄いうところかな。香山りか→初期の数冊読んだんだけど。そんなに変なことを書いてるとは思わないが何故か。

●池田信夫
→この人はねぇ…とため息が出るほど。一番わかりやすいのはツイッターのブロック。ツイッターのバグかと思うくらいブロック連発。俺なにも本人宛にはツイートしてないのに・・・ブロックされてからの方がよくツイートする。

●橋本徹
→隙だらけの発言とこの人の言動に見え隠れするどす黒い闇が原因か?

●広瀬隆
→反原発の内容には是々非々なんだが、「赤い盾」という本を出して陰謀論に走った時から信用してない。

●日垣隆
→ネットで露骨に嘘がわかる時代になったんだと思う。本を数冊、雑誌連載をまとめて読んでみたが先入観があるのかトライしてみたが合わなかった。

●石原慎太郎
→威勢のいいこというだけど、最大は小説が面白くない点と政治家としてのレベルが同じような点か?

●大前研一
→元マッキンゼーというだけで拒否反応があるんだが、人をイラつかせる発言は他の論者に引けを取らない。

●副島隆彦→ようはオカルトと陰謀論

●堺屋太一
→まだ生きてんのか!?というほどなのにまだ影響力があってさらに節操がない

●岩上安身
→TPP問題あたりからほとんど陰謀論に傾倒してることに気づいてない。IWJの行動は一定の評価はしている。

●勝谷政彦
→情報が曖昧、かつセンセーショナル。かつ面白くない。
たまに、何故メディアは偏向した左翼言論人ばかり使うのか(怒)という意見を見かけるが、
偏向してるのはその人の価値観なんで置いておくが、
右派言論人がメディアに使われない理由の1つは単純に面白いコメントが言えないことが最大の理由だと思います。

●茂木健一郎
→やってる仕事が胡散臭さの塊。脱税はさして気にしてない。 

●中沢新一
→オウム事件後、彼自身から総括すると言いながらまだしていない。
日本版緑の党も胡散臭く見ている。 

●GACHT 
●X-JAPAN(YOSHIKI)
●長渕剛
 →単純に彼らの音楽が好きじゃないのとミュージシャンなのにキャラと言葉に頼っていると思う。
ミュージシャンって曲がよくてなんぼだと思ってる。

 思い浮かぶ理由を並べてるけど結局は好き嫌いか。
まだいっぱいいるのが俺の器の小さいところか。
 
コメントする

投稿者: : 2012/08/29 投稿先 ラジオ, BOOK, 芸能, Twitter, 政治, , 俺の好物

 

タグ:

血族の王―松下幸之助とナショナルの世紀(岩瀬 達哉著)

血族の王―松下幸之助とナショナルの世紀
復讐する神話―松下幸之助の昭和史 (文春文庫)

今まで何で読まなかったと思うくらいの労作でした。「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助の経歴を「松下電器などへの取材をせずに」松下幸之助の様々な面を取材した本です。

同じような本は「復習する神話-松下幸之助の昭和史」があり、そちらを読んでいたが、その本とは取材内容が若干異なる。「復習する~」で営業の前線へのトップの復帰、コンピュータ撤退の決断、というトップの過剰な介入、PHP運動が元々財閥指定からの解除を狙ったものであったことなどが印象に残っている。

変わって「血族の王」はその過剰な介入を招くことになった要因、美談と呼ばれる逸話に関する裏話。三洋電機の井植兄弟への敵対心(皮肉なことにその後三洋電機は松下グループに)、娘婿である松下正治氏への冷遇、幸之助が断行した若返り人事(役員であった山下氏の社長抜擢)からそれを妬む幸之助、コンピューター撤退後、松下電器がコンピューターに再度関わった際の部下のフォローとその言葉への喜びよう。
あと幸之助自身は「わしは経営の神様やからな」と自らを正当化の道具にしたこと。いまや検証もされない、生家和歌山から大阪へ飛び出した際の駅名まで、深いところまで検証されている。ことの性質上仕方ないが、第2婦人の存在は当時センセーショナルだったらしいが、現在の松下幸之助逸話からは完全に無視されている。

現在、松下グループは中村体制から聖域無き改革、テレビ事業の失敗による大リストラなどまさ幸之助がいれば・・・と思われる路線だが、ある程度は生前からやっていることも指摘されている。

PHPで発売している幸之助語録など読む人にはお勧めの本です。

 
コメントする

投稿者: : 2012/07/31 投稿先 BOOK, , 俺の好物

 

古賀政男のオナニー

ニッポンモダンタイムス Empire of Jazz

八方破れ言いたい放題―著名人69人を爼上にのせて悪口雑言メッタ斬り

最近リイシュー盤が出るなど脚光を浴びるディック・ミネ、生前の記憶は全く無い。かなり無茶してたというのは噂では色々聞いた。この本はそんなミネの「言いたい放題」が満載なのだがそこにに興味のある一節が。

古賀先生と呼んでいた古賀政男についてこんなことを書いている。

「釈迦の仏壇返し」これも古賀先生に教わったんだけどね。あの人、性的にちょっと変わったとこあってね。

下に布団敷いて、押入れの上の段に登るの。それでセンズリかいて、それっていうとき、布団に転がり落ちるんだって。それが最高にいいんだって。これが「釈迦の仏壇返し」。これじゃ、新婚の奥さんも逃げ出すよな。

最後の一節にもあるようにやや何某かをほのめかしている。

 古賀先生の言葉で忘れられないのが、

「女は魔物だ!」

どういうことかよくわからないけど、忘れないよ。あの人、一回結婚してるんですよ。だが、女房がすぐ逃げ出した。原因はどっちにもあるんだががね。

古賀先生は女言葉を使うんだよ。ちょっと高い声なんだけど、口もと押えて「あらっ」なんて、しょっちゅうやってた。

決定盤 古賀政男 心のギター

;
なんとなくは知ってたが。

わからないのは何で俺がこの本を持ってるのか?自分で買った覚えはあるのだが何で買おうと思ったのか・・・どういうことがよくわからないけど・・・

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/24 投稿先 BOOK, 芸能, Music,

 

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)藤沢数希著

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

原発賛成派、池田信夫の劣化コピーの藤沢数希の著作。この本に関して言えば池田信夫の本よりはマシな内容。理由は引用される資料には出典が記してある。これは地味ながら重要。

内容は池田信夫の著作とほぼ内容ながら結論が若干違う感じ。内容は、

1:原子力より火力・水力発電の方が死亡確率が高い。

2.放射線のリスクは思っているより低い。

3.自然再生エネルギーはコストが高い。

4.化石燃料はいつか枯渇する、それに比べてウランは・・・

5.経済と命はトレードオフの関係には無い。

6.原子力の解説

7.次世代の原子力発電は有望

8.福島第1原発事故は人為的なミス

9.原発事故の賠償額は対した問題では無い

というような感じ。

池田信夫との違いはスマートグリッドにやや懐疑的という位。

P104.化石燃料はいつか枯渇する石油は40年、と書かれているがウランも100年

→枯渇する年数の問題でウランは無尽蔵ではない。石炭は122年。

P159.それでも原発を推進するには核燃料サイクルの開発で克服しよう。そのため研究開発は続けるべきだ。成功例もある。

→もんじゅの失敗については「根気よく開発」の一言で終わり。

p.167高レベル廃棄物の処理は固化体ガラスにして深い海溝に捨てればよい

→現在はロンドン条約で禁止されている点「一つのオプションとして残しておく」「モンゴルなどに引き取ってもらえばWin-Winの関係を築くことは可能」など何一つ現実的ではない。海溝に捨てるとすればロンドン条約からの脱退させられる可能性を配慮してない。

P199.核融合炉も有効

→と書いてあるだけ。

今原発に突っ込まれている問題に関しては池田信夫と同じロジックで反論って感じです。しかし、こちらの方が誠実かなと思う。

まぁ、経歴査証疑惑もある御仁ですのでちょっと遠めに見つめておこうかと。

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/16 投稿先 BOOK, 震災・原発, , 事件・事故

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。