RSS

カテゴリー別アーカイブ: 震災・原発

取材ごっこ

ちょっと調べ物を

先日書いた文章でわからないままだった内容です。

要はネットでは青山繁晴氏が「文科省参与である事実を確認出来ない」ということです。

————————————以下私の書いた文章————–

追記:上記のYOUTUBEの音声に青山繁晴氏自身が「文科省の参与」だとおっしゃていますが、その確証がネット上では探しだせませんでした。

 ●青山繁晴氏プロフィール – aoyamainsj2014
http://aoyamainsj2014.jimdo.com/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E7%B9%81%E6%99%B4%E6%B0%8F%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/
こちらには

「【公職/現】▼ 文科相任命による文科省参与(日本原子力研究開発機構改革本部委員)」

と記されています。

●【寄稿】独立総合研究所社長・青山繁晴 病理に気づく:イザ!
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/130930/evt13093010080001-n2.html

産経新聞デジタルのプロフィールには同様の役職が記されています。

が、彼の所属する独立総合研究所のWEB

●独立総合研究所
http://dokken.co.jp/corporate/about.php

にも、

内閣総理大臣の任命により原子力委員会(原子力防護専門部会)
専門委員に就任(~24年10月まで)。

という記述はありますが、上記の肩書は記されていません。

彼の個人HPである

●青山繁晴個人ホームページ
http://shiaoyama.com/plofilem.htm

にも

●ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july

にも記述はありません。

 ●独立行政法人日本原子力研究開発機構
http://www.jaea.go.jp/index.html

上記行政法人のサイト内検索をしましたが名前は発見できませんでした。

また、

●青山繁晴 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E7%B9%81%E6%99%B4
にも文科省関連役職は”元”であり現職である旨の記載はありません。

ほんと、ネットってあてにならないっすね・・・

———————————以上前記事———

これが先日までの記事。

「文科省参与って本当か?」と疑問に思ったので調べました。

まず独立行政法人日本原子力研究開発機構に電話して問い合わせしました。

広報の方に繋いでいただき、確認しました。

————–以下日本原子力研究開発機構広報の方とのやりとり———-

「改革本部の参与に青山繁晴さんという方はいらっしゃいますか?」

「あーあ、TVによく出てらっしゃる方ですね。改革本部には参与という役職はありません。参事という役職ならあります。」

「外部の第3者委員会のような方はいらっしゃいますか?」

「こちらではそのような方は承知しておりません。」

「それでは何かの間違いなんでしょうか?」

「いやー・・・青山繁晴さんはなんとおっしゃているんですか?」

「文科相任命による文科省参与とおっしゃています」

「それでしたら文科省にお尋ねになれば詳しくわかると思います。」

「わかりました。問い合わせしてみます。ご丁寧にありがとうございました。」

————–以上やりとり終わり——————————

大変丁寧に教えていただきました。

その後、文科省に問い合わせてみました。

文科省のHPには彼の名前がありましたが、参与という役職はありませんでした。

資料1-1 改革本部設置について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/…/1336118_1_1.pdf

———–(以下文科省とのやりとり————————

「日本原子力研究開発機構に関してお問い合わせしたいのですが、WEBにある
日本原子力研究開発機構改革本部の設置について有識者に青山繁晴さんという方のお名前があり役職が有識者となっているのですが、文科省や改革本部では有識者のことを参与という名称で呼ぶことがあるのでしょうか?」

「はい文科大臣から参与という役職で任命しています。」

「では有識者=参与と考えていいのでしょうか?」

「はい、そうなります。」

—————————————————–

こちらも丁寧に対応していただきました。

うーん、面倒臭かったが確認が取れました。

ほんとネットだけではわからないこともありますね。

 

あと文科省と日本原子力研究開発機構はそんなに連携が取れてないんですね。

ネットだけの情報に頼るのはよくないですね。

ましてや2chとかまとめサイトは疑った方がいいですね。

ジャーナリストではない私にとっては初めての取材ごっこでした。

 

 

タグ:

胡散臭さ

2014/02/20 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「福島第一原発 タンクから汚染水100トンが流出」「ウクライナの大規模衝突、停戦合意」など

この人、色々威勢のいいこと言ってるけど内容はクソですな。

○福島第一原発タンクからの汚染水は流出するのはそもそも貯めてるから?

これは論理のすり替えだ。

貯めるために建てているタンクから漏れることとその汚染水が流出することは全く別の問題で、流出は東電も認めているように何らかのトラブルであり事故である。

流出しても問題ないとしても、貯めると約束した以上はやるのが東電の仕事。

○集団安全保証を認めていない憲法は国際法上おかしい?

青山氏が言ってる通り歴代内閣は「国際法上集団安全保障の権利は有してるが、憲法上認められていない」との解釈を有してきた。

この方は憲法解釈を見誤ってるじゃないだろうか。憲法解釈とは論理的な積み重ねでできている。その解釈を飛ばして安倍政権が「解釈で」集団的自衛権を行使すると、次の自民党ではない内閣は再度「解釈で」で集団的自衛権は有していない、とすることができる。

憲法は権力を縛るものであって勝手に解釈させ、実行為を変更されるものではない。

○貿易赤字は原油などエネルギー資源の増加?

増加は殆どしてません。高値で買わされるってどこのデータかな?比較検証の話は全く出てこないだが。

内閣筋からの情報?

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2014/02/21 投稿先 ラジオ, 震災・原発, NEWS

 

タグ:

18年前を思い出してみる。

18年前、当時20歳で京都の下宿に居た。であの地震が発生した。たまたま起きていた。地震の揺れで家具を抑えたのは初めてだった。地震がおさまって下宿していた全員が廊下に出てお互いの安全を確かめた。その中の1人(茨城出身)の先輩が「震度4ぐらいかな」と言ってそれぞれの部屋に戻った。すぐにラジオを聞いたが死傷者情報は殆ど流れてなかった。安心して寝た。が起きてラジオを聞いたら死傷者は2桁になっていた。

地震翌日、不謹慎ながら同じ下宿の仲間たちとカラオケに行った。今考えれば一緒に行った子は三田市の出身だった。何か不安だったのかもしれない。通信カラオケで曲が全く出てこなかった。それで通信がパンクしてる事が推測できた。1時間でカラオケを終えた。学校に行き普段通りの生活を送ったがちょっと安心した。その後西宮出身の実家の子が被災したらしいがその子と仲が良くなかったので何もしなかった。

その後機会があり芦屋にボランティアへ行った。阪神電車は満員だった。降りてアスファルトのひび割れでことの大きさを段々実感できた。

ボランティアのコーディネートから「避難所を廻って足りない物資の聞き取りをしてくれ」と言われ同行した先輩と一緒に避難所を廻った。避難所に行く途中で家屋の倒壊を見て尋常じゃないなとわかった。その途中「そこの子、荷下ろしを手伝え!」と知らないボランティアに言われ手伝った。

それが終わり海沿いの避難所に行って足りない物資を尋ねると親切な方から話を聞けた。「何もかも足りない」。特にタバコやコーヒーなどの嗜好品が足りないと言われハっとした。素人考えで愚痴でも話してそれで何か役に立つなら・・・と思い30分くらい聞いた。

しかし海側から山側に行くにつれて足りないものが減っていった。最後に行った高級住宅街の中にある避難所では上品そうな奥さんは漫才風の口調で「お金が欲しい」「あんた持ってるやないないの」と言われた後「こっちは足りてるから下の人たちに配ってあげて」と言われた。道路にヒビは入ってなかった。

こんなときでも金持ちって余裕があるのか・・・と衝撃を受けた。今でも「世の中お金じゃない」と思っているがこの時は考えてしまった。今でもその時の風景を思い出す。帰りの道中、一緒に聞き取りに行った先輩と会話出来ず黙り込んでしまった。疲れてしまったのもあったと思うが。

4月になり学校に戻り、神戸市北区出身の友人に話を聞くと彼自身は無事だったが「中学・高校の同級生の数人が死んだ」と聞いた。その後下級生が入学してきた。出身地が「神戸」と聞く度に「大丈夫だった?」と聞いてしまった。数人は無事だったが1人は被災したがどうしても大学に入学したいという気持ちもあり、家族ごと京都に引っ越してきた、との話を聞いた。

その後、神戸市須磨区に自宅がある別の後輩が住んでいたというマンションを見たが「自分が住んでいたマンション以外の近所にあるアパートやマンションは住めなくなった」と聞いた。

後に関西出身の子と話しを聞くと関西にはあまり地震が少なく、ちょっとした揺れでも凄く驚いてしまうと聞いた。愛知から来た私には考えられないぐらいだった。

その後時が経ち実家の愛知に戻り、10代の子にその当時の話をしたらポカンとされた。彼はニュース映像でしか知らないらしい。当たり前の事。その1年後東北大震災があった。

自分の精神障害もあってTVの映像を見ないようにした。精神的に不安定になることは予想できたから。情報は主にラジオか新聞から得た。小銭を募金するのが精一杯だ。当時も今も何も出来ないことは変わりない。病や生活が困難ということもあり自分自身で精一杯。それも金銭問題は逼迫している。当然それは別の話。

そのあと10年以上経ったあと、神戸に行く用事があったので中華街に近い訪問先で聞いた所、その辺りも被災が大きかったようで家賃などがかなり下がっているらしい。まだ震災はあるのかと想像した。

ニュースで神戸ルミナリエのニュースが流れ、観光地っぽい扱われ方で報じられると複雑な気分になる。

黙祷。

 
コメントする

投稿者: : 2013/01/17 投稿先 震災・原発

 

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)藤沢数希著

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

原発賛成派、池田信夫の劣化コピーの藤沢数希の著作。この本に関して言えば池田信夫の本よりはマシな内容。理由は引用される資料には出典が記してある。これは地味ながら重要。

内容は池田信夫の著作とほぼ内容ながら結論が若干違う感じ。内容は、

1:原子力より火力・水力発電の方が死亡確率が高い。

2.放射線のリスクは思っているより低い。

3.自然再生エネルギーはコストが高い。

4.化石燃料はいつか枯渇する、それに比べてウランは・・・

5.経済と命はトレードオフの関係には無い。

6.原子力の解説

7.次世代の原子力発電は有望

8.福島第1原発事故は人為的なミス

9.原発事故の賠償額は対した問題では無い

というような感じ。

池田信夫との違いはスマートグリッドにやや懐疑的という位。

P104.化石燃料はいつか枯渇する石油は40年、と書かれているがウランも100年

→枯渇する年数の問題でウランは無尽蔵ではない。石炭は122年。

P159.それでも原発を推進するには核燃料サイクルの開発で克服しよう。そのため研究開発は続けるべきだ。成功例もある。

→もんじゅの失敗については「根気よく開発」の一言で終わり。

p.167高レベル廃棄物の処理は固化体ガラスにして深い海溝に捨てればよい

→現在はロンドン条約で禁止されている点「一つのオプションとして残しておく」「モンゴルなどに引き取ってもらえばWin-Winの関係を築くことは可能」など何一つ現実的ではない。海溝に捨てるとすればロンドン条約からの脱退させられる可能性を配慮してない。

P199.核融合炉も有効

→と書いてあるだけ。

今原発に突っ込まれている問題に関しては池田信夫と同じロジックで反論って感じです。しかし、こちらの方が誠実かなと思う。

まぁ、経歴査証疑惑もある御仁ですのでちょっと遠めに見つめておこうかと。

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/16 投稿先 BOOK, 震災・原発, , 事件・事故

 

原発「危険神話」の崩壊 (PHP新書)池田信夫著の感想文

原発「危険神話」の崩壊 (PHP新書)色々炎上マーケティグと気にくわないツイートや反論してきたFaceBookアカウントをブロック・スパム報告に忙しい池田先生。かくゆう私の1度もメンションを飛ばしたことないのにブロックされちゃうし。池田先生ウォッチ楽しみにしてたのに・・・で、この本です。悪い本ではないです。こういった意見もあると勉強する意味では。

 

 

 

大雑把に言うと言いたいことは次の通り。

・福島第1原発事故は苛酷事故では無い。

・放射能の被害は無視できるレベルのものなのに変なやつが色々騒ぐから酷いことになる。

・変なやつらの例

・自然・再生エネルギーが非効率である。

・電力の自由化を進めるべき。

・原発使ったほうが料金安いぜ。

・新しいタイプの安全な原発もあるよ。

出版元が悪いのか著者が悪いのか分からないが、「急ピッチに作ったんだなぁ・・・」と思うくらい文章がちょっと・・・

p157に唐突に「われわれは・・・」という単語が出てくるのだが誰のことなのかは次のページを読んでこの人達のことなのか、と見当つけるまで分からない。

参考文献が載っていない資料を使う。(p46)・・・池田先生の中では常識なのか?

(p80)再処理に反対する河野太郎氏(衆議院議員)も「海外投棄はビジネス上には可能だが、国際世論が許してくれるかどうか」というように、もっぱら政治的な問題である。日本政府の政治的意思が明確なら、取引してくれる途上国はいくらでも見つかるだろう。原子力は政治的なエネルギーであり、それを解決するのも政治しかないのだ。(p173)使用済み核燃料の処理は技術的にありふれたものだが、政治的な理由で地下数百メートルを埋めるために大きなコストがかかる。・・・という経済学の学者さんなので政治的なコストは度外視している。俺は知らん、政治がちゃんとすればいいんじゃないということか?

経済学の領域と思われる原価総括方式には手をつけない。

発電量における単価は原子力が一番安い。電源三法・研究開発費は過去のコストだから、将来のことを考えれば安い、って過去のコストを支払ったのは筆者を含む国民の税金と電気代なんですが・・・

(p120)(略)河野太郎は2(注:原発をゼロにする)を主張している・・・河野太郎は新規設置を行わず耐久年数が30年を超えたものを廃炉にすれば2030年までには原発をゼロに出来る、と主張している・・・事実誤認?

池田先生の著書なので眉に唾つけて読んでみたが、先生のお嫌いな文系バカ素人の私でもあれ?と思うことが多い。それは私の好き嫌い故なのだが、池田は、感情や好き嫌いで色々決めるんじゃない、事実に基づいて決めるべし、と言いたいようだ。経済学に倫理は無いのか?と疑問だし、それはそうなのかもしれんが、この原発事故により政府・東電・原発への反発が大きくなったことは世論調査で明らかなのだから、それらの「政治的コスト」は上昇したと考えるのが普通だと思うんですが、どうでしょう池田先生?

あ、それから蛇足ですが池田先生、ツイッターやりすぎ。大学のお仕事は大丈夫でしょうか?こんなところです。

 

 
コメントする

投稿者: : 2012/06/10 投稿先 BOOK, 震災・原発, NEWS, 政治, , 事件・事故

 

池田信夫の逆張り感がタマラナク素敵

今日の上杉VS町山の頂上決戦に興味が有り過ぎるんだが、一方でちょっと忘れかけた感もある「偉そうなのびた」「ノビー」こと池田信夫だが面白ツイート連発である。
基本的にこの人は「逆張りが仕事」と言ってもいいかと思う。

原発再稼動の反対世論が盛り上がると「原発を再稼動しないと人が死ぬ」
デフレに日銀の金融政策に有効と経済学会は進むと「日銀はデフレの対応は不可能」
と。
下のは本人の専門領域、言い訳は出来ない。

さてはて、先日はこのようなツイートが。

古賀茂明さんは原発の再稼働も認めない「極左」に転向か。ワイドショーばかり出てると、みんな「古舘化」するんだね。 【日経】大阪府市と関電、原発再稼働巡り平行線 s.nikkei.com/zVXxYY

私は維新の会の経済政策にはおおむね賛成だけど、彼らの「脱原発」政策は違法だ。自治体には、原発の稼働を許可する権限がない。法的根拠なく電力会社に何兆円も損害を与え、それは最後は国民負担になる。

再稼動を認めない=極左

地元自治体が再稼動に反対する=違法

極左にも怒られちゃうし、原発再稼動に反対する右翼の方々にも街宣かけれちゃうよ、逃げてノビー!!

国会で地元の了解が必要って言ってるのは何故だ?

しかも大阪市は関電の株主なんだが・・・

この方は経済学にしか興味が無い様で、政治というか大学受験の「政治経済」からやり直し、もしくは人間のやり直しをした方がよいのでは?と思われるのだが、いつも逆張りをしてくれる池田信夫から目が離せないのもこれまた事実。

これの縮小再生産みたいなのがいる。

「プロメテウスの罠」に負けない、と意気込む本は、

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

 
「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)
一緒に買われる本は、

原発「危険神話」の崩壊 (PHP新書)

これもまた逆張り感いっぱいで香ばしい。

 
コメントする

投稿者: : 2012/03/14 投稿先 震災・原発, NEWS, Twitter

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。