RSS

カテゴリー別アーカイブ: 政治

青山繁晴氏の憲法論と現代史スクープ証言??が胡散臭い。

もうすぐこの番組のレギュた~じゃなくなるらしいんですが・・・

■3/18放送 関西テレビ「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1696.html#

(以下引用は上のリンクからコピー)

「今年の1月1日に、天皇陛下が新年にあたって述べられたご感想です。『満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています』」

と天皇陛下が満州事変から始まる戦争への考えを述べたのに対してリベラルと呼ばれる人が天皇陛下を利用して安倍政権への批判をしてる、といいたい青山繁晴氏は以下のように話を続けます。

青山繁晴
「つまりこれは、事実上政府の見解として定まってるから安倍さんも言ってるんであって、こういうふうにことさらにフレームアップされる、それは、安倍さんに対する反対・賛成は必ずなきゃいけない。反対意見がなかったりしたら真っ暗です。しかしその時に必ず、フェアな姿勢で論じなきゃいけないのに、このようにでっち上げが、つまり、陛下の発言を、めぐっても行われるっていうのは、僕はこれ本当に、由々しきことだと思いますね。そして、根幹は、これなんです。はい、出して下さい」

村西利恵
「政治的意図を持って発言されることなどあり得ない」

青山繁晴
「はい。これどうしてかというと、これあの、あり得ないって言うと、僕が勝手にね、あの、陛下やら、皇太子殿下のお気持ちを忖度して、つまり勝手に僕が解釈して言ってるように、受け取るかもしれませんが、そんなことは、違います。これは明確な根拠があって、それはこれです」

村西利恵
「日本国憲法第4条には、『天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しない』とあります」
(略)

img14755_150318-13kenpou

青山繁晴
「国政に関する権能を有しない。えー、これは、つまり、天皇陛下は、その、内閣の助言と承認においてたとえば衆議院解散の儀式、を行ったりされますけれども、政治には一切関与しないということが憲法に定められていて、そして私たちの天皇陛下が、どれほど憲法というものを大切にされてるか、法治国家であるっていうことを大切にされてるか、それ万人の知るところですよね。ですからたとえば、安倍さんを批判するとか、安倍内閣の動きを少しこう抑えようとか、政治的意図を持って発言されることなんて、絶対あり得ないんですよ

 

この人は自分の発言に文脈が合ってないことに気づいてないようだ。

 

憲法4条は天皇が国政などに対して機能を有していないこと、天皇の権限をを示す憲法であって、たとえ天皇が政治的発言をしたとしてもそれは国政に影響を与えないし、与えるのを禁止してるといってもいい。政治的発言を禁止している条文であって政治的発言ではないと保証する条文ではないってことくらい高校の政治経済勉強してたらわかるってもんで、なおかつこの人元新聞記者でしょ?

>あり得ないって言うと、僕が勝手にね、あの、陛下やら、皇太子殿下のお気持ちを忖度して、つまり勝手に僕が解釈して言ってるように、受け取るかもしれませんが、そんなことは、違います。

青山繁晴氏は天皇陛下の言葉を勝手に忖度してるわけです。自分では違うと言っておきながら。

私も天皇が政治的発言をされることは良くないと思いますし、いつだったか園遊会で取った山本太郎の行動には大反対で真っ先に否定されるべきものであると思います。憲法4条があるから。

しかし青山氏の言う憲法論は憲法学者もびっくりな憲法論なわけです。

あともう1つ。

昭和天皇におかれては、日米開戦に、反対でいらっしゃったってことを僕は確信してます。どうしてかというと記者時代に、昭和天皇の吐血、下血が始まりまして、当時生きてらっしゃった側近の方々にお話をお聞きしたら、昭 和天皇は、民主主義のアメリカやイギリスと戦うなと。逆に、ヒットラーやムッソリーニのような成り上がりの独裁主義とは組むなということを、ずっと念頭に 置かれてた。どうしてかというと、日本は、戦争に負ける前から、民主主義に基づく、立憲君主国だからと。ね。その御意に逆らってしまったのが先の戦争だっ たと、いうふうに、もうあれから27年経ちますから、皆さん全部亡くなられたけど

昭和天皇は日米開戦に反対していた。逆に、ヒットラーやムッソリーニのような成り上がりの独裁主義とは組むなということを、ずっと念頭に 置かれてた。

という部分。これなんですか?

これを記事にすれば現代史の研究は全く違うものになったのにと思いますが、そのようなことを言ってる歴史学者の著書を1冊も読んだことがない。

 

確か戦時中ですら天皇は自らの立場と権限の間で複雑な点はあったもの上のような意志を示したと発言してるとは・・・

歴史学者もびっくりな歴史的証言

それこそ彼の言う、

img14743_150318-01key

 

「都合の良い時だけ利用するな」

ですよ。 死んだ人が言っていたことにすること自体が非常に胡散臭いんですが。

アメリカで慰安婦像が原因で日本人いじめが起こってると言っていた青山氏。

それも都合の良い時だけ利用してる慰安婦像を否定したいがためにいじめを捏造するような人です、彼は。

八紘一宇について擁護しないだけましなのかもしれないけど。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2015/03/20 投稿先 疑問, 胡散臭い, 腹がたつ, TV, 政治

 

タグ:

陰謀史観 (新潮新書) 秦 郁彦著

陰謀史観 (新潮新書)

歴史の専門家がウヨが言いがちなコミンテルンやウォー・ギルドナンチャラ・3s・真珠湾攻撃わざとやられた説・・・などなどを一刀両断とは言わないが、バッサリ切った本。

と学会などでは論破されている田中上奏文、石原完爾が言い出した世界戦争論だなんだ色々戦争に使われてきた。

今現在の陰謀史観はほぼ以前からあるもの焼き直しに過ぎないことを表す現代的状況を体現する田母神論文批判には1章を費やしている。

 

田母神論文の実物を読んでないのだが、コミンテルン陰謀論をメインに「日本は悪くない」と声高に叫ぶが表彰したアパホテル含め歴史家が殆ど褒めてないというだけでそれ程度の内容なんだが、それなりの高名な人が絶賛し、その保守的姿勢も相まって日本会議系がバックアップし選挙に出馬、あやゆく当選しそうになる状況になってる。

たいてい、フリーメーソンやここで出てくるコミンテルンやらその一つで全て完結してしまうマジック・キーワードが出てくる時点で・・・

そんな簡単に政治や国際状況は変わらない。ユダヤ人だけで世界は回ってない、という当たり前なことを再確認できる。

新書だけどちょっと読みすすめるのが手間というのが難点かつ内容が凝縮されているので全体を捉えやすいというコインの裏表になっている。

 

 
コメントする

投稿者: : 2015/03/10 投稿先 BOOK, 政治, , 俺の好物

 

ゆめいらんかね やしきたかじん伝 角岡 伸彦 (著)

ゆめいらんかね やしきたかじん伝 「殉愛」以前に書かれたやしきたかじんの評伝。

一部のネットではたかじんの出自についてが大きく取り上げられた。「たかじんのそこまで言っても委員会」やってた人が在日朝鮮人だった(出身地も西成区を天王寺区とごまかしていた時期があった)というのが結構驚くとともに、長いこと連れ添ったスタッフや会社を結構素早く切って行くことや東京に対するアンビバレンツな感情などが取材で明らかになていく。歌手としては東京で売れなければいけないというプレッシャー、何回か東京に進出しているが(秋元康とはその際に知り合っている)、それが失敗する旅に東京への複雑な感情を持つものの、自身の最大のヒット作が「東京」という曲という最大の皮肉が面白い。

読んでいくと非常に気の弱く優しい人で、プレッシャーに弱く繊細で自分を演じているという点において横山やすしを思い出させる。小林信彦の「天才伝説・横山やすし」に書かれた自分のキャラに憑依する横山やすしに似た人だなぁと思った。

自分を演じるのに疲れていたという証言もこの本には書かれている。

基台の頭の回転の早さと繊細さ、自己演出。

辛坊治郎という「巨悪」 – kojitakenの日記
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20150226/1424908986

を読んで思ったんだがたかじんはそのような出自で政治には一定の距離を撮っていたのになぜ「たかじんのそこまで言っても委員会」を始めたのか考えてみたんだが、芸能という点で見ると上岡龍太郎の不在が大きいじゃないだろうか?

関西芸能人には「理屈言い」とも言えるジャンルがある。その理屈は正確でなくてもよく「屁理屈」でもいい。その上岡龍太郎が関西芸能界で唯一と言ってもいいくらい見事な引き際(引退)によりこの「理屈言い」の枠が開いた。そこに入ってきたのがたかじんだったじゃないだろうか?そこまで言っても委員会のパートナーが辛坊治郎というのもよみうりTV制作という要素以外に、辛坊治郎が上岡龍太郎から最も嫌われた在阪民放局アナだったというのが皮肉にも物語っている。上岡が辛坊治郎を嫌った理由は「アイツは芸人を見下している」というものだったが芸人ではなく歌手であるたかじんにはあってたんだろう。

たかじんが関西芸能界に残した功罪のうち、そこまで言っても委員会は罪の部分だと思っている。関西において時折右な発言をするというのはラジオの得意技だったんだがそれをTVに持ち込んだというのはたかじんの発明であり、今の状況を作ったすくなくない要因だと思う。

ある時、たかじんのブログに「俺はフリップ芸を極めたい」という事が書かれていた。あの指し棒とフリップで笑いを取る方法はすきだったのでそれはいい!と私は同意したんだが、くしくも委員会にはフリップはなかった。

あのへんから自分の望む芸が出来なくなっていったのかもしれない。

ということで芸能の視点からたかじんのあれこれをまとめず書いてみました。

 
コメントする

投稿者: : 2015/02/27 投稿先 BOOK, 芸能, TV, 政治,

 

ネオナチのテキストHPと2000年前後のお話が色々と俺の中で話題に

最近、反レイシズム界隈から保守系議員とレイシズムとの結構深い関係が発掘されるようになった。案の定という感じの話しなのだが次の話にはちょっとビックリした。

 

稲田大臣ら与党国会議員がネオナチ団体代表と議員会館で会談・記念撮影 – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2140963578944305601

BwgBg0-CEAA5owt.jpg largeBwgBgx_CAAADrnY.jpg largeBwgBgyoCAAAmj-t.jpg large

日本人でネオナチって無茶苦茶じゃねーかと思うんだが本人たちは至って真面目。

私は反レイシズムの立場を取るので言語同断と思っている。

 

ここでネオナチ団体として紹介されてるのが「国家社会主義日本労働者党(NSJAP)」という団体。

次の動画によると今も活動しているようです。

▶ 密着24時!日本のネオナチ – A Japanese Neo-Nazi – YouTube

英語字幕付き English subtitles

ここ日本には、山田一成という国家社会主義者がいる。彼は現在のネオナチ・グループ(­NSJAP)のリーダーとして活動している。今回VICEは、山田氏の一日に密着取材­。民族の意思同盟と共にアメリカ大使館へ抗議にいく様子も捉えた。

Swastikas, Hitler worship and German marching music being blasted from a speaker…no this is not 1930s Germany, this is modern day Tokyo, Japan. Kazunari Yamada is the leader of the NSJAP, the National Socialistic Japanese Arbeiter (Worker) Party and one of the few real Neo-Nazis in Japan. Utilizing the internet, he is connected to Nazis from all around the globe. On weekends, he unites with members of the Uyoku far right groups to wage war on the streets of Tokyo against the establishment.

2:37辺りで在特会などと親和性がある維新政党・新風の鈴木信行が、
「選挙の時、山田さんに応援してもらっている」と述べている。

この団体のHPがちょっと強烈だった。

国家社会主義日本労働者党, ネオナチ, ヒトラー
http://nsjap.com/jp/

 

まずトップページの画像に驚く。

aaaaa

禍々しいトップ画面。

記述を信用すると、1999年からHPを開始してるらしく、2012年に最後の更新されている。

1999年というとようやく日本ではインターネットが普及して素人でも使えるようになった頃。

Windows95発売で普及し始めたと年表に書かれがちだが、実際はまだまだ。個人で手に届く値段になったのがこれくらいの時期。この頃は私は新卒したIT系の会社で2000年対応に追われていた。

で、この頃素人が今のような綺麗なHPを作ることが難しく、動画はRea`Playerでの配信 が限界。通信速度が今と段違いに遅かった。通信速度が遅いので大きなデータは送ることが難しいので、テキストと画像でHPは作られている。それがインターネット黎明期を思い出させる。

この形態のHPが残ってるのも凄いんだが、内容が90年代後半~00年代前半の変な情報が真空パックされているようで更に驚く。

このHPには党の「沿革および現況 」という項目(年表)があるだが、1952年に結党したと書いてある。

そんなに昔からあったのか!?と驚いたが、次の項目が1982年まで飛んでおり、真偽は疑わしい。

(以下はこの団体の年表を信じたとすれば・・・という前提で書いています。)

更にこの年表には久しぶりに聞いた!という単語が出てくる。

>1985年に「フィリピン人花嫁を招いた山形県朝日町に対し直接抗議行動を実施」との記述。

今もフィリピン妻って聞かないな。

>1990年「別冊宝島第106号『日本が多民族国家になる日』所収の記事「日本の右翼が外国人を「排撃」しきれない理由」(米本和広)に、山田一成同志〔我が党代表〕のコメントが掲載される。以下、同記事より抜粋。」

別冊宝島(元気な頃の。SPA!が売れてた時代)も時代なんだが、この時主に排斥の対象になっていたのはイラン人と呼ばれていた中東の方)。ここにも時代が反映されている。米本和広という名前もヤマギシ会への追求でそこそこ名前を売っていた人。

>1991年「17日の湾岸戦争勃発を受け、国内の反米民族派有志を募ってイラク大使館へ赴き、イラク側に立ってアメリカ帝国主義と戦うべく義勇兵として志願。イラク大使館側からは深い感謝をもって迎えられる」

湾岸戦争の時、こういう人たちがいたのは記事で読んでいた。

・同年に「宣伝ポスターが朝日新聞社会面で取り上げられる」

当時日本においてナチの鉤十字は政治的なメッセージの意味は殆どなく、軍事マニアやプラモデルによくあるマークぐらいの意味だった。オカルト方面にもあったが「謎のヒトラー」の象徴だったり、陰謀論や超古代史の文脈だった。(私が幼かったからかもしれないが)

1/25 ドイツ陸軍駆逐戦車 ロンメル
http://www.tamiya.com/japan/products/30607jagdpanther/

>更に同年、「第1回定例会開催 (講師:太田龍氏) 」

太田龍というのも陰謀論界隈ではおなじみの人。

>翌年1994年、「カルト宗教団体「古代帝国軍」(現・ザイナスティア)に抗議、同団体の街宣活動を休止に追い込む。同教団は当時、ヘブル語アルファベット“ザイン”を社名 とする会社を経営する傍ら、“ナチス”ばりの衣装に身を包んでいた。現在同教団は、“シオン”(旧・金環蝕)というユダヤ的名称の店舗を経営している。」

古代帝国軍という団体名、これがため息が出る名前。当時変な団体なのはモノ好きの間では有名だった。党首が阿佐田哲也の風貌と教義がよくわからないなどなど。武術の文脈でのチラホラと。で古代帝国軍とこのネオナチ団体が対立関係にあったようだ。ただザインというはユダヤというよりモルモン教のキーワードでもあったりする。有名になった後更にカルト化したとは聞いていたがこれが衰退の原因だとすればビックリだ。

追記:ザインに批判的な方のHP(ザイン年表http://www.zynekiller.net/archive/nenpyou.htm)によるとこれは事実のようで、“小島露観が国家社会主義日本労働者党に呼び出され、土下座させられる。以降、ナチスの格好は行わなくなる。”との記述がある。年表によると以前より軍士達がナチスの格好をして、都内各所で街宣を行うなどしており古代帝国軍がかなりの軍事化をしていたが、これの事件を期に軍事路線をやめ、団体名を「出雲帝國富士皇朝」に改称。その後1999年前後にセックス教団として脚光をあびるようになったらしい。

 

このころTVで取り上げられた時の映像

在特会だけじゃない!台頭を目指す外国人排斥運動 – Neo Nazism of Japan: http://youtu.be/ln3GV0x1Btw (動画を見る前に警告あり)

>1995年「サイモン・ウィーゼンタール・センターの圧力に屈して月刊誌『マルコポーロ』の廃刊を決定した文藝春秋社に対し、事実関係の説明を求める抗議文を送付
山田一成同志〔我が党代表〕、花田紀凱=同誌編集長=本人と対談。」

マルコポーロ (雑誌) – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AD_(%E9%9B%91%E8%AA%8C)

雑誌「マルコポーロ」は『ナチ「ガス室」はなかった』というホロコースト否認という特集を組み、ユダヤ人団体の強烈なキャンペーンのおかげもあって出版社が責任を取る形で廃刊した。この時編集長だったのが今や右派論壇にはお馴染みの花田紀凱氏。今右派・保守派と呼ばれる人物がこの年表にことごとく絡んでくる。

>またこれに関連して「山田一成同志〔我が党代表〕による記事“「マルコポーロ」廃刊の真相!”が月刊紙『レコンキスタ』第213号に掲載される」

新右翼と呼ばれていた一水会の会誌レコンキスタというのが更にクる。

勿論、ガス室はなかっただのホロコーストはなかっただのは全くのデタラメなんだが、恐らく日本人がユダヤ人に関してリアルに感じた初めての例だったと思う。勿論陰謀論やフリーメーソンのおまけとして、日ユ同祖論のついでに、日本マクドナルド・日本トイザらスの創業者藤田田氏が著書『ユダヤの商法 世界経済を動かす』 ベストセラーズ〈ベストセラーシリーズ〉を書きベストセラーになったりすることあったがほとんどの人は「ハイハイ。そっち方面ね」とみむきもしなかった。

話しは脱線するがウィキペディアの藤田田氏の項目がちょっとおもしろい。

藤田田 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E7%94%B0

長男の藤田元は株式会社藤田商店代表取締役社長、東京タワー蝋人形館館長。

あの蝋人形館はそういう繋がりあったのかと驚いたりする。特にプログレ関係の変な充実ぶりに興味も湧く。

話しを戻すと、

>2000年「「オウム真理教(現・アーレフ)」幹部(現・代表)の上祐史浩氏が広島刑務所出所後、山田同志(我が党代表)と面会」

img_6

ユダヤ陰謀論を唱えていたオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こした5年後(?)のこと。この代表と「ああ言えば上祐」氏が面会していたとは。

>同年「日本共産党が機関紙『しんぶん赤旗』紙上に我が党に関する謀略記事を掲載開始。「(国家社会主義日本労働者党に対し)野中広務=自民党幹事長=から7000万円が支払われた」などという、荒唐無稽なデッチ上げの記述で満ちている。」

野中広務幹事長健在の頃。

>同年「  書籍『ヒトラーの呪縛』(佐藤卓己=編/日本ナチ・カルチャー研究会=著/飛鳥新社=刊)において、我が党の旧ホームページが紹介される」

飛鳥新社も懐かしいがこの本で「ナチス趣味」(先ほど書いた日本におけるナチスの消費行動)が分析される。

>2001年、「オサマ・ビン・ラディン師、「日本人へのメッセージ」を我が党に託す。また、同師の公式伝記の和訳を我が党に委任。」

オサマ・ビンラディンが生きていた頃。

>2006年「ミリオン出版 漫画ナックルズ2006年12月号にて我が党を紹介「日本のネオナチ」」

BwgBhQdCcAA_MOq.png large

2000年に雑誌「噂の真相」が廃刊になり、各社が後継雑誌がいっぱい出たあと数冊が定着したころ。この雑誌なぜかサンカ」をよく取り上げていたのが印象的だった。

>2007年「日本のフィクサーと呼ばれている朝堂院大覚総裁と対談」

この朝堂院大覚総裁という人をネット検索すると「あれれ~」という感じな人で今もご健在。

images

▶ 密着24時!朝堂院大覚 – The Master Hustler – YouTube

「最後の黒幕」と言われるナゾの人物、朝堂院大覚。VICEは彼の事務所を訪ね、9/­11や3/11大震災、UFOに関する陰謀説に耳を傾けた。ちなみに朝堂院先生、様々­な肩書きがお持ちらしい。日本空手協会 会長、プロモーター、ヤクザ顧問、58人もの子の父親、マイケル・ジャクソンやヤーセ­ル・アラファトの親友、天皇陛下の子孫……などなど。これってマジなの? 謎に包まれた男、朝堂院大覚に密着!
VICE heads to the office of master hustler Chodoin Sensei – part karate master, fight promoter, Yakuza advisor, political fixer, father of over 50 children, friend of Michael Jackson, and the list goes on. In this documentary, Chodoin tells us his conspiracy theories including his thoughts on 9/11, the 3/11 earthquake, UFOs, and more.

ウィキペディアによると同氏は右翼活動家。

朝堂院大覚 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E5%A0%82%E9%99%A2%E5%A4%A7%E8%A6%9A

1982年3月、空調設備会社ナミレイ(のちの「昭和ナミレイ」、2010年6月に倒産)の会長であったが、同業で大手・高砂熱学工業の株式を買い占め、筆頭株主の力を盾に同社社長等を脅して業界提携やナミレイの株式引き受けを強要したとして、当時ナミレイ社長だった実兄の松浦幸作ほか、ナミレイの他の役員等と共に強要罪で逮捕され、執行猶予付き有罪判決を受ける

総会屋がまだ表に出ていた時期でバブルの予兆があったころのお話。

1998年7月に来日したマイケル・ジャクソンに空手道名誉五段を授与。 また「マイケル・ジャクソン・ジャパン」を立ち上げ、ジャクソンのレジャーランド設立を計画する。

これにはビビッと来ました。「マイケル・ジャクソン」と「空手道名誉五段」という言葉のチグハグ感が抜群。

あの変なイベントはこの人がしかけてたのか。

埼玉県秩父市の三峯神社にある大山倍達の記念碑(大山倍達の碑)の背面には、松浦良右の名と添野義二の名が刻まれている。

大山倍達というのもかなりなキーワード。TBSラジオ「東京ポッド許可局」を聞いてる方には三峰神社というのもかなり来る。

・関連項目に「フルコンタクト空手」の文字。

友人がフルコンタクトカラテをやっていたのでよく覚えている。その後腰を痛めて辞めたを聞いたが元気だろうか。

編集履歴を見るとまだ面白い内容もあって、

・2007年にTSK・CCCターミナルビルのテナントとして所有者と退去問題に付いて交渉を行う(最終的に同ビルは2008年3月に解体された)[3]。

また同年、東京都の不動産会社の元社長より在日本朝鮮人総聯合会中央本部ビルの購入を持ち掛けられる(最終的には「別の買い手が見つかった」として購入はしていない)。

・2012年学校法人堀越学園 創造学園大学の堀越哲二理事長がかつて創造学園大学の支援者だった朝堂院大覚氏の所蔵していた数億円もの甲冑・鎧兜の類を無断で担保にし、横領した疑いで逮捕された。

・2002年8月18日にサンデープロジェクトで田原総一朗が高市早苗に対して「あなたのような下品で無知な人にバッジつけて靖国のことを語ってもらいたくない」と言い放った件に関して、自らの配下及び関連の右翼団体を率いて、田原及びテレビ朝日に対して街宣攻撃を行った。このため田原は東京都九段会館の一室において、朝堂院始め配下及び関連の右翼団体に謝罪をし、更に後日サンデープロジェクト番組内にて高市に対する発言についても謝罪した。

この頃の田原総一朗はまだ頑張ってた。「田原総一朗が高市早苗に対して「あなたのような下品で無知な人にバッジつけて靖国のことを語ってもらいたくない」という言葉は今も有効な言葉。片山さつき、聞いてるか?

・狂言師の和泉元彌が能楽協会より「退会命令」処分を決定した際、和泉元彌の後見人として能楽協会の対応に介入する。

で、同士の公式HPは現在も更新され続けている。

朝堂院大覚
http://www.tyoudouin.com/

このHPには同氏自ら話した動画が公開されている。マイケル・ジャクソン財団という団体、同氏曰くこの財団の日本代表。マイケル・ジャクソンが死ぬ直前に同氏にワーナーと縁を切りたいと相談されていたとのこと。

またバーニング周防郁雄氏・ライジングプロ 平哲夫氏への言及

 

私のような好事家には脱線しまくって大変な案件。

ネオナチの理論武装の件やこの右翼活動家の件はもうちょい調べておこう。

 

追記:

高市氏らが極右代表と写真 海外主要メディアも報道 – 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014090901002071.html

英紙ガーディアン(電子版)など海外主要メディアも報道しており、国際的に波紋が広がる可能性がある。当該のページは既に削除されている。当該のページは既に削除されている。

Neo-Nazi photos pose headache for Shinzo Abe | World news | The Guardian
http://www.theguardian.com/world/2014/sep/09/neo-nazi-photos-pose-headache-for-shinzo-abe

高市氏らはネオナチ非難すべき 在米ユダヤ系団体 – 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014091001001178.html

ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部・米ロサンゼルス)のクーパー副所長は9日、「議員らは(同団体が掲げる)ネオナチの思想を明確に非難すべきだ」とコメントした。

 
コメントする

投稿者: : 2014/09/03 投稿先 疑問, NEWS, 政治, 事件・事故, 俺の好物

 

”インテリジェンス”は落合信彦と青山繁晴の登録商標です。

今度は拉致被害者に関する”インテリジェンス”()です。

内容はYOUTUBE概要からの引用ですと以下のようになっています。

日本人拉致を犠牲者を帰国させる際に、
一時帰国ということにという事が批判されましたが、
それを約束したのが小泉首相自身であると北朝鮮が主張していると
青山繁晴氏は解説しています。

それを止めさせたのが当時官房副長官だった安倍晋三現首相です。

さらに小泉純一郎元首相の裏切りは、横田めぐみさんの遺骨を帰せば
北朝鮮に資金援助をすると密約をしていたとのこと。

それを食い止めたのも安倍総理です。

ここで安倍首相が止めた、という話を受けてスタジオ側?のDJが驚きの声を上げてます。が、当時よりこれは報道されており「そんなに驚くことか?」と思うんですが。

で、ラジオ音源では「北朝鮮は安倍さんは2度裏切った、安倍は邪魔したと言っている」としてるんですが、関西テレビ放送「アンカー」という番組では「気にいっている」。と言っています。

ぼやきくっくり | 「アンカー」拉致“全面再調査”で北の思惑と想定される今後の日朝の動き
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1570.html

青山繁晴
「これあの、政府高官、例によってシルエットですが、もちろん1人の証言ではなくて、基本的にインテリジェンスの側の人々の、実はもう長い間の証言なんです。昨日今日やじゃなくてですね。金正恩第1書記が独裁者になってから、ずっと安倍さんを案外気に入ってんだとか、あるいは人によっては、好きなんだよねと(一同ざわ)」

img140604

どっちなんでしょうか?どちらも本当なんでしょうか?

「これあの、政府高官、例によってシルエットですが、もちろん1人の証言ではなくて、基本的にインテリジェンスの側の人々の、実はもう長い間の証言なんです。」っていいますが言ってることが全く逆ってどういうことなんでしょう?

 

 

元に戻って「安倍首相が止めた、という話」に関する報道の1つを引用。

——————————————-

●【再び、拉致を追う】第3部 5人の被害者、帰国10年(2)+(3/3ページ) – MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121017/kor12101715070006-n3.htm

5人の扱いについて政府内でも意見は割れており、議論が収斂(しゅうれん)したのは10月23、24両日頃だ。このころ、官邸内の安倍氏の執務室などで関係者による断続的な協議が続いた。

「(日本の)家族が帰さないと言っているのを、政府が無理やり帰せるか。日本は民主主義国家だ!」

家族会や世論を背景にこう主張した安倍氏には中山氏や谷内正太郎官房副長官補らが歩調を合わせた。これに北朝鮮との信頼関係を維持したい田中氏が抵抗した。

田中氏を擁護していた福田氏だが、最終的には「家族の了解」を条件に安倍氏らの意見をのんだ。小泉氏は訪朝後、拉致問題に関しては安倍氏にげたを預けており、田中氏は孤立し、押し切られた。

————————————————
このように報道されているんです。これはDJが忘れてしまったということで置いておいていいのかな。
しかし拉致被害者家族会の一員であった蓮池透氏によると事実関係がことなるようです。

———————————————————-

●有田芳生の『酔醒漫録』: 蓮池透さんの講演を聞く
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2007/10/post_6e00.html

蓮池さんの話でいちばん驚いたことは、安倍晋三官房長官(当時)や中山恭子参与(当時)は、拉致被害者5人が北朝鮮に戻ることを止めていたのではなかったということだ。蓮池さんは「まったくのウソです」と断定した。家族などの説得が功を奏して蓮池薫さんたちが帰国しない意思を固めたところで、はじめて政府がコメントしたのだという。

————————————————

安倍晋三氏は北朝鮮への帰国を促す側だった、という当時の報道を裏返す内容。

蓮池透氏ご自身もツイッターで講演の内容に関連したツイートをしている。

あれれ?青山さん?インテリジェンスや政府高官の情報が違ってるようですが。

以下のブログにも(個人ブログでソースもリンク切れで真実か否か確認しがたいのですが)この報道に疑問が上がっています。

●拉致問題功績は安倍・中山という幻想 – satolog
http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20061001/1313938855

16日 拉致帰国の5人、27日に北朝鮮へ戻ることを提案 安倍副長官

安倍晋三官房副長官は十六日午前、都内のホテルで、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から一時帰国した拉致被害者五人の家族らと面談し、二十七日に五人そろって北朝鮮に戻ることを提案した。場合によっては、一日延長することも検討する。

家族らは生存者本人と相談した上で、十六日中にも返答する。

また、拉致され死亡したとされる横田めぐみさん=失跡当時(13)=の両親が、めぐみさんの娘とほぼ断定された少女との面会のため北朝鮮を訪問することは当面先送りすることにした。(2002年10月16日)

そしてこのブログでそのまま日本に残ることになったのは「実はアメリカの意向だった。」という話が続く。

この時に横田めぐみさんのモノとして日本に引き渡された遺骨は別人のものと鑑定され、世論は北朝鮮との態度を硬化した。

————————————————————————–

余談ながらこのDNA鑑定には政治的な文脈とは別に科学的な文脈で鑑定が不可能ではないのか?という疑問が上がっていた。

●北朝鮮拉致問題 横田めぐみさんのもうひとつのDNA鑑定: オフイス・マツナガのブログ
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50229384.html

 

英科学専門誌『ネイチャー』が鑑定を担当した吉井講師にインタビューし、「DNA is burning issue as Japan and Korea clash over kidnaps(DNAは日本と朝鮮が拉致問題をめぐって衝突する焦眉の問題)」(05/2/2)なるタイトルの記事を掲載したのだ。
そこで、 吉井氏は「以前、火葬された標本を鑑定した経験はまったくない。自分が行った鑑定は確定的(not conclusive) なものではなく、サンプルが汚染されていた可能性がある。遺骨は何でも吸い取る硬いスポンジのようなものだ。それを扱った誰かの汗や油がしみ込んでいた ら、どんなにうまく処理してもそれらを除去することは不可能だ」と、「遺骨は別人であった」とする細田発表を根底から覆す証言をしているのである。

参考:http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v434/n7031/index.html#editorial

『ネイチャー』がわざわざ吉井講師にインタビューしたのは、無論、北朝鮮の肩を持つためではない。内外の法医学界が一般的に困難とする1200度もの高熱処理された骨の鑑定に、吉井氏がどうやって成功したのかを確かめる科学的関心からであったからだとされる。
しかし、吉井氏はそれに十分な回答ができず、逆に、鑑定の不備を認める結果になった。

(略)

さらに、米誌『タイム』(05/4/4)も、
「吉井氏が用いた遺伝子重合酵素法(nested PCR)という分析法は(外部の物質による)汚染の危険性が高く、米国の専門的な法医学研究所では使われていない。北朝鮮側は日本政府発表の遺骨鑑定結果に強く反論したが、日本側はその主張に耳を傾けなかった」
と疑問をていしている。

———————————————————

その後、この音源では「小泉首相が横山めぐみさんの遺骨について、「なんでもいいから出せば見返りに援助を行うという密約をしていた」と続くのだが、この援助とは朝銀信用組合の公的資金投入であると匂わせている。

 

この破綻処理に関しては他のジャーナリストからも疑問が上がっており、野村秋旗氏はこの処理に関して「在日特権」という言葉を作った(?)。それ以外の生活保護の優先や通名などは問題としていない。

この際の時系列は以下のとおり。

1996年1月11日 – 1998年7月30日 橋本内閣公的資金投入額 3102億円

2001年(平成13年)4月 内閣総理大臣に就任

2001年11月 朝銀北東、朝銀中部、朝銀西に贈与2660億円、買取469億円、 計「3129億円」の公的資金導入を決定。

2002年9月17日小泉純一郎首相(当時)日朝首脳会談

2002年10月15日 蓮池薫さん、奥土祐木子さん、地村保志さん、浜本富貴江さん、曽我ひとみさん帰国 。

2002年12月 ハナ信組、理事長含む3人の日本人役員受け入れ決定預金保険機構、朝銀関東・東京・千葉・長野・新潟の受け皿『ハナ信組』へ4107億円の公的資金投入を正式決定。

確かに疑惑はある。

先ほどの「アンカー」では、この度の拉致問題協議でも同じように資金援助をする可能性があるとしている。
●ぼやきくっくり | 「アンカー」拉致“全面再調査”で北の思惑と想定される今後の日朝の動き
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1570.html

青山繁晴
「はい。日朝国交正常化、という美名のもとで、キャッシュを含む兆単位の援助が、この独裁者のもとに入るってことは、可能性として、あり得るどころか、本当はメディアでは制裁解除が条件って言ってるけども、本当の条件はこれなんですよ。これが行われた時にどうなるかというと、その日本国民のキャッシュや援助が、この人を通じて人民に渡って飢えを防ぐことになるならまだしも、そうではなくて核開発、ミサイル開発に使われるってことは、火を見るよりも明らかで(一同同意)、それを考えると、日本はもう本当にギリギリの、選択をせねばならない。賢明な選択もしなければいけない。それが、安倍さんは単なる代理人であって、私たち世論が、何を考えるのか。今から本当にみんなでよく勉強していきたいと思うんですね。その上でですね、えー、ま、僕の記者生活を考えても、物事起きる時は集中して起きるんですね。この、9月以降に拉致被害者の方々が帰ってくるかもしれないというこの2014年の後半に、実はあり得ることがまだ他にも超弩級のものがあって、はい、出して下さい」

番組によって言ってることが微妙に違う。
恐らく、コーナーの時間などの問題もあるんでしょう。
しかし、地方のラジオ局とは言え、結果として小泉元首相を下げ、安倍首相を持ち上げる形となっている。ラジオ局からの要請なのかわかりませんがこれはどーなんでしょ。
最終的な答え合わせは遠い将来、もしくは蓮池透氏のような当事者が話をしてくれないと正確かどうかがわからないところが

そこが彼の言うインテリジェンス()たる所以。
サンホゼ市の件もあり、すべてを鵜呑みには出来ない、というか、していない。

 

タグ:

取材ごっこ

ちょっと調べ物を

先日書いた文章でわからないままだった内容です。

要はネットでは青山繁晴氏が「文科省参与である事実を確認出来ない」ということです。

————————————以下私の書いた文章————–

追記:上記のYOUTUBEの音声に青山繁晴氏自身が「文科省の参与」だとおっしゃていますが、その確証がネット上では探しだせませんでした。

 ●青山繁晴氏プロフィール – aoyamainsj2014
http://aoyamainsj2014.jimdo.com/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E7%B9%81%E6%99%B4%E6%B0%8F%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/
こちらには

「【公職/現】▼ 文科相任命による文科省参与(日本原子力研究開発機構改革本部委員)」

と記されています。

●【寄稿】独立総合研究所社長・青山繁晴 病理に気づく:イザ!
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/130930/evt13093010080001-n2.html

産経新聞デジタルのプロフィールには同様の役職が記されています。

が、彼の所属する独立総合研究所のWEB

●独立総合研究所
http://dokken.co.jp/corporate/about.php

にも、

内閣総理大臣の任命により原子力委員会(原子力防護専門部会)
専門委員に就任(~24年10月まで)。

という記述はありますが、上記の肩書は記されていません。

彼の個人HPである

●青山繁晴個人ホームページ
http://shiaoyama.com/plofilem.htm

にも

●ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july

にも記述はありません。

 ●独立行政法人日本原子力研究開発機構
http://www.jaea.go.jp/index.html

上記行政法人のサイト内検索をしましたが名前は発見できませんでした。

また、

●青山繁晴 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E7%B9%81%E6%99%B4
にも文科省関連役職は”元”であり現職である旨の記載はありません。

ほんと、ネットってあてにならないっすね・・・

———————————以上前記事———

これが先日までの記事。

「文科省参与って本当か?」と疑問に思ったので調べました。

まず独立行政法人日本原子力研究開発機構に電話して問い合わせしました。

広報の方に繋いでいただき、確認しました。

————–以下日本原子力研究開発機構広報の方とのやりとり———-

「改革本部の参与に青山繁晴さんという方はいらっしゃいますか?」

「あーあ、TVによく出てらっしゃる方ですね。改革本部には参与という役職はありません。参事という役職ならあります。」

「外部の第3者委員会のような方はいらっしゃいますか?」

「こちらではそのような方は承知しておりません。」

「それでは何かの間違いなんでしょうか?」

「いやー・・・青山繁晴さんはなんとおっしゃているんですか?」

「文科相任命による文科省参与とおっしゃています」

「それでしたら文科省にお尋ねになれば詳しくわかると思います。」

「わかりました。問い合わせしてみます。ご丁寧にありがとうございました。」

————–以上やりとり終わり——————————

大変丁寧に教えていただきました。

その後、文科省に問い合わせてみました。

文科省のHPには彼の名前がありましたが、参与という役職はありませんでした。

資料1-1 改革本部設置について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/…/1336118_1_1.pdf

———–(以下文科省とのやりとり————————

「日本原子力研究開発機構に関してお問い合わせしたいのですが、WEBにある
日本原子力研究開発機構改革本部の設置について有識者に青山繁晴さんという方のお名前があり役職が有識者となっているのですが、文科省や改革本部では有識者のことを参与という名称で呼ぶことがあるのでしょうか?」

「はい文科大臣から参与という役職で任命しています。」

「では有識者=参与と考えていいのでしょうか?」

「はい、そうなります。」

—————————————————–

こちらも丁寧に対応していただきました。

うーん、面倒臭かったが確認が取れました。

ほんとネットだけではわからないこともありますね。

 

あと文科省と日本原子力研究開発機構はそんなに連携が取れてないんですね。

ネットだけの情報に頼るのはよくないですね。

ましてや2chとかまとめサイトは疑った方がいいですね。

ジャーナリストではない私にとっては初めての取材ごっこでした。

 

 

タグ:

青山繁晴氏の言う「いじめ」は本当にあるのか?

9f791cbc5552fc8c4567693b347ffe30

カリフォルニア州 サンノゼ市でグレンデール慰安婦像が出来たことで日本人の子弟がいじめにあっているという。
日本人の子供は親に大事になるのを嫌がるため騒ぎにならないし、少数派である日本人が侮蔑されている。これは中韓の反日いじめによるものである。
日本総領事館は被害者が名乗り出ないため、ちゃんとした対応をしていない。

との青山繁晴氏の報告。

 

i320

 

 

 

 

 

 

 

同じ慰安婦像といじめに関する情報で全く別の内容もあります。

AN EMPTY BOX, [私訳]韓国系アメリカ人法曹界と日系アメリカ人法曹界による共同声明
http://itokenichiro.tumblr.com/post/85106293172
——————————————以下引用(太字は引用者にて行った)
以下は、2014年5月4日付でだされた、南カリフォルニア韓国系アメリカ人法曹協会(KABA)と日系アメリカ人法曹協会(JABA)による、共同声明の翻訳。

共同体と癒しの精神にもとづき、南部カリフォルニア韓国系アメリカ人法曹協会と日系アメリカ人法曹協会は、グレンデール市における慰安婦像撤去をめぐる問題について、ならびに、グレンデール市を相手どった慰安婦像の撤去をもとめる訴訟について、共同声明を発行する。

原告側の主な主張は以下の2点である。

(1)グレンデール市の記念像は、外交的問題に排他的に関与するという連邦政府の権限を侵害するものであり、合衆国憲法の連邦優位条項を侵害するものである。

(2)グレンデール市議会によって認められた記念像は、市の定める条例がもとめる条件を満たしていない。

このように申し立てるにあたって、原告側の主張は、自分たちの主張に都合のいいように史実を歪曲し、そして第二次世界大戦中の慰安婦の苦しみを矮小化するような、慰安婦に対する軽蔑的な歴史を含むものである。たとえば、原告側は「日本政府の高官は、日本軍ならびに大日本帝国政府は慰安婦の募集に直接的に関与していないし、責任ももたない」などと主張している。しかし、こうした主張は、そのような募集に「当時の(略)軍が関与していた」という日本政府自身による1993年の認識(注:河野談話をさす)を見落としたものである。(訳注:軍=the military authorities)

アメリカ人として、そして法律家として、われわれは正義が最終的にはアメリカの法体系の中で報われることを信じている。この訴訟の結果にかかわらず、第二次世界大戦における慰安婦たちの悲しみを誰もが忘れるべきではない。記念碑はいかなる種類の憎悪を助長する象徴になるべきではないし、他者に対する敵意の表明を助長する象徴になるべきでもない。加えて、像の除去を求める訴訟は、民族的分断を促進するようなものであってはならないし、われわれが築きあげてきた進歩的で多民族的な共同体に脅威をあたえ、解体するようなものであってはならない。

韓国系アメリカ人と日系アメリカ人は、ロサンゼルスの豊かな多様性の中で、隣り合わせで暮らし、ともに働き、そして交流してきた。われわれの2つの団体の歴史は、それぞれの共同体の相互依存性を反映するものである。韓国系アメリカ人法曹協会が設立される以前、韓国系アメリカ人弁護士は、日系アメリカ人法曹界に加わり、また指導的な役割を担ったこともあった。初期には会長になったものもいた。双方の団体のなかで日系・韓系の弁護士が相互にしめる割合は高い。1992年のロサンゼルス暴動にいたる時期、両団体はその他の人々とともに、共同体を鎮め、人種差別に立ち向かう多民族的な団結を創り上げるために辛抱強く協力した。

われわれは「反日」でもなれけば「反韓」でもない。むしろ、われわれは誠実さとお互いへの尊重の礎のうえで、多様性を祝福し、他者への共感をひろげ、友情を築かんとするアジア系アメリカ人である。もちろんわれわれは、今日のわれわれの背後にある変えることのできない歴史を無視することはできない。しかし、よりよい明日のために協力することを決断することはできる。このような精神に基づき、韓国系アメリカ人法曹協会と日系アメリカ人法曹協会は一連のグレンデールにまつわる問題が、われわれの共同体を分断することを許さないことを高らかに宣言する。われわれは、これまで何十年もそうしてきたように、調和と誰にとってもよい社会の実現のために協力していく。

—————————————–引用終わり

ネトウヨがよくいう「慰安婦像によって日系人が困ってる」という言説がいかに偏ったものであるかが、よく分かります。

この引用では韓国系アメリカ人と日系アメリカ人が共同で慰安婦像に関する申し立てをしていたます。末尾には反日でもなく反韓でもないと記されています。

アレ?おかしいなぁ?

他にも次のような記事がありました。

●サーチナ|米の日系弁護士協会、「グレンデール慰安婦少女像」の撤去訴訟に、反対の意思表明=韓国メディア
http://news.searchina.net/id/1531811
——————————————————–

米国・カリフォルニア州の韓国人弁護士協会と日系弁護士協会は6日、共同声明を発表。日系米国人が提訴した「グレンデール日本軍慰安婦少女像撤去訴訟」に ついて、「歴史のわい曲を介して、第2次世界大戦当時の慰安婦の犠牲を矮小化しようとしている」と批判し、訴訟に反対の意思を明らかにした。複数の韓国メ ディアが報じた。

両協会は、「誰もが第2次世界大戦の当時、慰安婦の被害者たちが経験した巨大な痛みを忘れてはならない」とし、「慰安婦少女像は嫌悪感を助長したり、他 の人々に敵意を表現したりする象徴ではない」と強調した。

 さらに、「少女像撤去を求める訴訟は、民族間の分裂を引き起こし、一生懸命作って育ててきた革新的な多民族共同体の基盤を崩す」と懸念した。  そして、「過去の歴史を変えることはできないが、より良い未来のために協力することはできる」とし「アジア系アメリカ人としての多様性を尊重し、誠実さ と相互尊重に基づいて、友情を分かち合う共同体を守ることに専念したい」と結んだ。

今回の共同声明について、メキシコ系アメリカ人の弁護士協会と南カリフォルニアの中国人弁護士協会など12の法曹団体が支持を宣言している。

グレンデール市の慰安婦少女像は昨年7月に設置されたが、日本人や米市民権をもつ住民らでつくるNPO「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」が 今年2月、市に撤去を求めて訴えをおこした。

先日もオバマ大統領が訪韓時の共同記者会見で、「甚だしい人権侵害であり、衝撃的だ。被害者の声を尊重しなければならない」と言及するなど、従軍慰安婦 問題は米国でも非常に関心の高い問題であるようだ。(編集担当:李信恵)

———————————————-

日本、韓国、中国、メキシコ他計12団体が関わっており、日本だけがターゲットの反日工作かと疑問が出てきます。これも反日工作です、と言われればアメリカにおける韓国・中国の影響や世論工作の仕方はかなり優れたもの、それも異常なまでにと言わざるえません。

確かにアメリカでも日本でもいじめられっ子は親には言いたがらないし、ことを大きくしたくないという心理は同じだと思います。なので正式な申し出がないというのも十分考えられる話です。

青山氏は忙しいのか、その学校での講演で学校関係者にいじめがあるかどうか聞かなかったのか?という疑問がわきます。

ただ青山氏は「私はジャーナリストではない」と言っていますので自分のお仕事では無いと判断されたんでしょう。

アメリカで聴いた話を日本(しかも関西ローカル番組)で話したら余計にいじめがひどくなるのか?ちょっと疑問です。サンホゼにいる中国人・韓国人がどうやってその情報を知ってしまうのか?うーん、想像の範囲を超えています。

いじめられている方からのメールや証言などはすべて青山氏の手元にあるのですから、こちらでは確認しようがありません。

グーグル先生に聞いてみましたが、2chまとめサイトと個人ブログ以外情報が見当たらないのでいかんともしがたいのですが。

上2つとは別に「いじめがあるのかないのか」を調べた方がいらっしゃいます。

グレンデール慰安婦像裁判で迷惑を受けている日系人たちに取材した件。 – Togetterまとめ
http://togetter.com/li/661512

そのなかでこのようなツイートをしています。

確かにどこにも通報されていない。

別の記事も見つけました。

慰安婦像めぐり在米住民に溝 グレンデール市議会で異議:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASG2V4QB5G2VUHBI012.html

 

上の記事のすべてが正しいとすると、どうも昔からいる日系人コミュニティーと恐らく親御さんの都合でアメリカに住んでいる人とのコミュニケーションがないように思われます。

ただ、どれかが間違いだといじめのあるないの結果が大きく異なります。

ただ人種差別に厳しいアメリカでこんな状態が長く続くとは考えづらいのですが。

 

 

青山氏を招聘した「日本を思う在米日本人の会」のFacebookを見つけました。

子供のいじめ自体がサンノゼという場所で頻発しているような印象を受けられての事と思いますが、青山氏は全米で子供たちが『反日』によるいじめの被害者になっている実態があるという趣旨でお話しされており、特にサンノゼでのいじめが頻発しているという事ではありません。

また、5/17に講演会のありました日本語補習校でも、そのようないじめの報告は受けておりません。

あれ?下のラジオ音源では青山繁晴氏はカルフォルニア州で特に、とおっしゃていますが、範囲が違うようです。

と思ったら「日本を思う在米日本人の会」が公式に見解を出しており、青山繁晴氏に事実誤認があるようです。

放送内容の問題点まとめ – aoyamainsanjose2014 ページ!

青山氏:「現地に入ります」と毎日毎日酷いいじめにあっていて、つばをはきかけられたりなぐられたり。

公式見解:「現地に入りますと」という表現で、サンノゼ市内でそのような被害が出ているような印象を受けますが、そのような被害の報告は弊会も補習校も受けておりません。

青山氏: それが「現地に入って」はじめてわかりました。

公式見解:弊会や補習校は、青山氏よりこの内容についての取材は受けておりません。

(岡安キャスター)サンノゼという町は反日のすごい応酬にあっていて、反日の最前線だと。

公式見解:「サンノゼ市在住日本人が反日の応酬にあっていて、反日の最前線」というような事実はございません。

青山氏: 頼るべきものがないって言ったって、私達の税金で、アメリカだけで12も総領事館があってですよ、どこに言っていいか分からない、それどころか総領事館のほうが、むしろ、いや、こういうのはあくまで噂であって、そんなもの騒いじゃいけませんみたいなことを言うから、それ話が逆さまなんで、これ外務省に任すことじゃなくて、安倍総理が、官邸がちゃんと前面に出て、外務省に命じて、相談窓口をつくり、その相談窓口にははっきりとした原則があって、その子供や親の立場を守る。
あるいは、学校関係者の立場を守る。それだけの徹底した訓練を行って、そのいじめに対しては、日本国として立ち向かっていくってことを、やらなきゃいけません。

公式見解: 事実誤認です。
サンノゼ市を管轄する領事館にはきちんと担当者がおいでです。
弊会も補習校も、領事館の担当者の方々と連絡を密にしており、何か問題が発生した場合はすぐに対応をしております。

{6/2追記}

上記HPに追記がありました。

補習校での青山氏の講演会の様子を映した動画の水曜アンカー番組内での放映。

公式見解:補習校も弊会も、補習校での青山氏の講演会の様子を撮影した動画(独立総合研究所が撮影したもの)を、テレビで放映をすることに対し、許可を出しておりません。

{追記終わり}

これ致命的じゃないか?

主催者のお話ではいじめ自体はあるようですが。

 

この件について在米日本総領事館もコメントを出しています。

●在サンフランシスコ日本国総領事館 歴史問題に端を発する邦人の方の被害に関する情報提供について
http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/archives/PR/2014/pr_14_0517.htm

在留邦人の皆様へ
いわゆる歴史問題を背景とした、いやがらせ、暴言等の被害に遭われた方、具体的な被害情報をお持ちの方は下記に御連絡・御相談下さい。プライバシー、個人情報の保護には適切に配慮の上、当地関係各機関への情報提供を含め、しかるべく対処させて頂きます。

在サンフランシスコ日本国総領事館 領事班(担当:今城) TEL (415)780-6000

その他、ツイッターでの意見

 

なんか在米日本人の方と違いがあるようです。

 

 

 

あれ??文科省参与の青山さん?どうされました?なんか違うみたいですが?

青山氏の話はやや疑うことにします。

以上

—————————————————

6/5追記:この件に関して、青山繁晴氏本人が番組中に言及しています。

注:こちらのサイトの書き起こしをコピーしました→

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1570.html

以下コピー———————————–

「ちょっと1週空いちゃったんですけど、2週間前の、放送についてひとつだけ補足をしておきたいんですが書き起こしこちら)、 えー、2週間前は、アメリカを舞台に行われてる中国・韓国の反日工作、と、その余波としてのいじめにも、いじめに触れたんですけれどね。

ちょっと改めて理 解していただきたいのは、中国・韓国は反日工作を政府として組織的に行ってます。で、その場合はたとえばアメリカですと、どこの都市にどんな企業があっ て、そしてそこの人口構成がどうなって、まあたとえば、中国系・韓国系の方が増えてるかどうか。そして地方議員にどんな影響力を及ぼせるかってことを、非 常にしたたかに、計算をしてやってるわけですね(一同同意)。

で、それが反日工作ですが、いじめはそうではなくて、その大人のやる反日工作によって、子供 の心に、残念ながら問題が起きてしまって、いじめにもつながることがあると。で、したがって、その、時と場所を選ばずに起きるわけです。

それをまず理解し ていただくと、こないだの、2週間前の放送で、サンノゼで講演したってことを申したんですが、それは大人向けに講演した場所であって、その、サンノゼで子供のいじめが行われてるって意味では全くありません。で、 どこでその、具体的な学校、地域でそのいじめが行われたかについて、僕はもちろんその当事者から証言を聞いて放送したんですけれども、それが、新たないじ めを生む懸念が非常に強いので、一切『アンカー』で、えー、その場所とか学校とか関係者を明らかにしてない。全部伏せましたよね(一同同意)。で、それ が、まあ、あー、実は

こういう学校じゃないかっていうね、話も流れてるようですが、それは、この『アンカー』と全く関係がありません。えー、 僕自身も棺桶に入るまで、全てを持って行く、棺桶の中に持って行く話であって、子供が新たな危機に直面するようなことは絶対申さないです。

で、その上で、 改めて僕の講演を受け入れてくれた、ある学校、その学校も全部伏せてありますけど、その学校の、最終的な努力、勇気、そしてそれを支える父兄たちの、いわ ばフェアな社会、中国人や韓国人の子弟たちとも一緒に住める、フェアな社会をアメリカで目指してる、その努力が、尊いということを、お考えいただいてその 上でですね、これ中国・韓国の方にも呼びかけたいんですけれども、大人のやる反日工作で、たとえばいじめに走ってしまう、子供の心の動きがあるっていうこ と、それは、たとえば中国・韓国の子供たちにとってもとても不幸なことですから、そのことをあくまで補足として、ちょっと2週間遅れになっちゃいましたけ れども、今、申し上げます」

以上コピー終わり————————————-

前回、

アメリカ西海岸の、カリフォルニア州のサンノゼってとこに行ってきました。で、サンノゼってのはアップルの本社があったりして、もともと、アメリカっていうかその、世界のハイテクセンターのような所なんですけどもね。最近では残念ながら、中国と韓国による、卑劣な反日工作の、最前線になってる所なんですね。

と「最前線」って言っちゃてるので、

「えー、その場所とか学校とか関係者を明らかにしてない。全部伏せましたよね」

というのはキツい言い訳かと。

加えて、ニッポン放送では以下のように付け加えています。

ぼやきくっくり | 「アンカー」中韓の反日いじめの実態…在米日本人の声なき声を聴こう!
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1563.html

 

「サンノゼでいじめが起きてるっていうようにあんまり誤解しないでほしいんですね。講演した所はサンノゼだけど、いじめが起きてるのはもっと他の地域であったり、広範囲であったりします」

だとしたら「最前線」という言葉は余計ではなかったのか?
ただ、青山氏は当事者の声を聞いている、と言っています。これが実際に被害者の方に会ったことを指すのかメールなのかはっきりしない。
それを墓まで持っていくと言ってる訳ですから真相は永遠に謎のままです。

追記:


現地へ行ってかなり詳しく調べておられる方もいらっしゃいますが、ここでも一切聞いいたことがないという結論に達しています。
しかもこのネタはチャンネル桜経由の情報ではないか?とソースまで推測されています。

青山繁晴氏の発言を真に受けた人からかなり必要な反論がされているようだが、「青山繁晴氏が嘘をついてると証明せよ」という悪魔の証明を求められている状況で、嘘だと信じたくないという別の意味で「反日」な方々(日本人がいじめられていることにしたい人)がたくさんいるんだが、誰一人「日本人が慰安婦像が原因で日本人いじめが発生している」という証明は出来ていない。

 

↓以下の文科省参与のの問題は解決しました。→ http://wp.me/p1XE2R-kM

 

追記:上記のYOUTUBEの音声に青山繁晴氏自身が「文科省の参与」だとおっしゃていますが、その確証がネット上では探しだせませんでした。

 

●青山繁晴氏プロフィール – aoyamainsj2014
http://aoyamainsj2014.jimdo.com/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E7%B9%81%E6%99%B4%E6%B0%8F%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/
こちらには

「【公職/現】▼ 文科相任命による文科省参与(日本原子力研究開発機構改革本部委員)」

と記されています。

●【寄稿】独立総合研究所社長・青山繁晴 病理に気づく:イザ!
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/130930/evt13093010080001-n2.html

産経新聞デジタルのプロフィールには同様の役職が記されています。

が、彼の所属する独立総合研究所のWEB

●独立総合研究所
http://dokken.co.jp/corporate/about.php

にも、

内閣総理大臣の任命により原子力委員会(原子力防護専門部会)
専門委員に就任(~24年10月まで)。

という記述はありますが、上記の肩書は記されていません。

彼の個人HPである

●青山繁晴個人ホームページ
http://shiaoyama.com/plofilem.htm

にも

●ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july

 

にも記述はありません。

 

●独立行政法人日本原子力研究開発機構
http://www.jaea.go.jp/index.html

上記行政法人のサイト内検索をしましたが名前は発見できませんでした。

また、

●青山繁晴 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E7%B9%81%E6%99%B4
にもそのような肩書は”元”であり現職である旨の記載はありません。

ほんと、ネットってあてにならないっすね・・・

 
4件のコメント

投稿者: : 2014/05/28 投稿先 疑問, 胡散臭い, Twitter, Youtube, 政治

 

タグ: ,

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。