RSS

カテゴリー別アーカイブ: メンタル

愛知県で障害者就職面接会が行われますよ。

 

愛知県で障害者就職面接会が行われます。

求職者の方はハローワークへ行って申込書をもらって1/21までに面接希望する会社名などを記した書類を提出してください。

○参考:愛知労働局からのお知らせ、ただし企業向けのお知らせです。

平成25年度第2回障害者就職面接会 開催のお知らせ | 愛知労働局
http://aichi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/news_topics/event/2013/shougaisha_mensetukai.html

場所・日時は以下のとおり。

2月6日  ホテルアソシア豊橋 12:45~
2月27日 愛知県体育館    12:45~

余裕を持って行くといいと思います。

資料をもらってきましたが尾張地区と三河地区の参加企業数の違いに驚きます。やはり尾張地区のほうが圧倒的に多いんですが・・・

私も(精神障害者として)参加する予定です。

もし参加される方がいましたら現地をお会いしましょう。コメントを残していただけるとわかりやすいです。

 

 

 

広告
 
コメントする

投稿者: : 2014/01/15 投稿先 メンタル, JOB

 

9/8 障害者就職面接会に行ってきた

9/8に刈谷で行われた障害者就職面接会に行ってきた。
参加は数回目。慣れてきたので大体わかってきたが、何回も募集をかけている会社が多い。

求人表を見るとどんだけ都合のいい社員を求めてんだ。
その業務に採用される生活出来る人は居るの?と疑問を持っている会社が多い。若くてスキル(国家資格も)があって車椅子はだめで自動車免許(MT)を持ってて、夏暑くて冬寒い場所で働けて週5日勤務で14万で働いてくれてかつ障害者の人って何人いるんだよ。かつ契約社員で1年更新。請負仕事。車運転するので恐らく知的障害者は無理だろう。

求人する人より求職する人が多い、というか圧倒的に多い。
私の場合は障害者年金を貰ってなくて、精神障害、歳を取っている方、転職回数が多い(殆ど会社都合なの何だがこれも自業自得なのか)なのでかなり厳しい。自活できる職はかなり少ない。空白期間もあるので更に確率はかなり少ない。
で、精神障害者の雇用は他の障害の就職の3分の2に届かないそうです。

障害年金をもらう方法もあるようですが・・・手続きしてません。
障害年金とは

あと精神障害は障害者雇用の就業義務(約2%)にカウントされないので余計に・・・今ようやく審議会で精神障害もカウントしようとしているらしいが。
ハローワークではこの面接会の後追い調査が行っていないようです。

もう諦め気味。

1度に面接出来るのは3社のみでこの場でしか求人を出してない会社が多い。ハローワークからの依頼を断れないのか義理なのかホントに取る気あるの?と思う感じがいっぱい。

色々面接を受けると面接する側には色々なチェックシートがあって面接中にその通り聞いている会社は殆ど少ない。終わったあとバツつけてたりするんだろうけど。

障害者就職とは限らないだが、返事が来るのが凄く遅い。9/8の面接結果が今日9/25にきましたよ。いやー社名晒したろうか、と。

今週末にも名古屋の愛知県体育館で行われます。
みんな大変ですよ。
弱者を優遇しすぎとか言ってる田母神さんも一度来てみたらいい。

うあぁぁぁぁぁぁぁーーーー不満ばっかり書いてる・・・あぁぁぁぁぁーーーーー(しょんぼり)

 
コメントする

投稿者: : 2012/09/25 投稿先 メンタル, JOB

 

精神障害者の雇用義務化を? 厚労省研究会が報告書

精神障害者の雇用義務化求める報告書

精神障害者の求職者が増えているため、厚労省の有識者による研究会は民間企業などの雇用義務化の対象に、精神障害者も加えることを求める報告書をまとめました。

現在、民間企業は身体か知的の障害者について、法律で1.8%以上雇うよう定められています。今回まとまった報告書では、この対象に、統合失調症やてんかん、そううつ病などで精神障害者保健福祉手帳を持っている人を加えるよう求めています。

精神障害者の求職件数は年々増加し、5年前の2.6倍となっていて、雇用支援策が求められていました。

厚労省は、この報告書を受けて、早ければ来年の通常国会に障害者雇用促進法の改正案を提出することにしています。精神障害者も法定雇用率の対象に加え、障害者雇用率全体の引き上げを図る方針です。(24日13:44)

精神障害者の雇用義務化を 厚労省研究会が報告書

 障害者雇用に関する厚生労働省の有識者研究会は24日午前、同省で会合を開いた。民間企業などへの雇用義務の対象に、精神障害者を加えるよう求める報告書を正式に取りまとめた。 厚労省は今後、労使の代表が参加する労働政策審議会を開くなど障害者雇用促進法の改正に向けた手続きを始める。早ければ来年の通常国会に改正案を提出する考え。

精神障害者の求職者数が増加しているため、身体障害者と知的障害者に限っている現在の対象を拡大し、企業に雇い入れを促す。

新たに対象となるのは、そううつ病、てんかん、統合失調症などの障害者のうち精神障害者保健福祉手帳の所持者。

精神障害者を法定雇用率にカウントしてなかったのも始めて聴いた。ショックです。

どうも精神障害は「根性の問題」「病気になる奴にも悪い所がある」と思われているのかホントに理解されていないのが残念です。

身体障害者には、「お前が悪い」と言われないのに、精神障害者にはそういった言論がまかり通っています。それを行政が追認しているような気がします。

企業側も扱いづらいと思っているだと思います。見た目は健常者と変わらないからでしょうか?障害者受け入れには色々大変だろうことは分かりますがそこはご理解いただけませんでしょうか、というのが本音です。

義務化が検討される精神障害者雇用の厳しい現状 – NAVER まとめ

 
コメントする

投稿者: : 2012/07/31 投稿先 メンタル, 疑問, JOB, NEWS

 

精神障害者が就職面接で聞かれること。

たまーに表題のキーワードで検索される方がいるので私が知っていることをメモ風に。

過去5,6回ハローワークで主催する障害者合同就職面接会に参加した経験からピックアップしました。ちなみにこの内容は新卒ではなく、中途採用の場合です。全ての面接がこうい質問をする訳ではありません。私はそう鬱病(精神障害3級)を患っており障害へ配慮いただける職場を探している最中です。

  • 障害の症状、病気の名前
  • これまでの職歴
  • いつ発病したか
  • 会社に配慮して欲しいこと
  • 勤務方法(自動車か公共交通
  • 発病した原因(人間関係、仕事の重圧など)
  • 苦手な仕事(複数の職種を採用している会社の場合)
  • 苦手な上司のタイプ
  • XXな仕事は問題ありませんか?(募集している仕事の内容に関する点)
  • あなたの長所・短所を教えて下さい。
  • 質問は何かありますか?

他には特殊な技能や資格などの場合はその点について質問されるかもしれません。

また、数人同時に面接が行われる場合があります。

とまで書いたのですが、私は元来こういった面接に流暢に話せたことがありません。

数人同時に面接を受けたりすると職歴などを淀みなく流暢に話すことが出来る方が居てビックリするようなダメ人間ですし、資格は自動車免許も持ってない、何か資格を取る気も起こらない精神状態です。ホントにダメ人間です。あーあー。

ですので、これを読んで誰かの役に立てれば幸いです。

また成功された方が居られましたらコメントをしていただければ幸いです。

話は変わりますが、精神障害者の求職率は小さいとの話しを聞きました。

精神障害者の就職率は身体障害者の3分の2だそうです。

また障害者向け転職支援会社は検索すると沢山出てきますが、精神障害者は人数が多いのか、企業側が敬遠するのか分かりませんが、余り求人が無いようです。残念ながら(そうでは無いという方は教えてください。)。

この障害者就職面接会ではその地域で法定雇用率を満たしたいと考える会社、いいかえればそのような意識が高い会社が集まります。しかし数回言ってみると分かるのですが、毎回募集している会社があります。普通に考えれば「会社の求める人材が居なかった」という事になるかと思いますが、邪推をするとハローワークの職員は一生懸命探して、面接会にブースを出してもらうよう熱心に会社への働きかけをしている、しかし会社としては実際にそれほぼ障害者雇用を求めていない。そのため”お付き合い”で求人しているのではないか?という邪推してしまいます。

また法定雇用率に関して、法を守っていない会社が大多数です。これは法のみで会社は動かず、ましてや企業の社会的責任という事で解決は難しいと思いますが私には良案は見つかりません。残念ながら。

2014/2/22追記:http://wp.me/p1XE2R-iT

愛知県で障害者就職面接会が行われますよ。

 
5件のコメント

投稿者: : 2012/03/28 投稿先 メンタル, JOB

 

2.17名古屋障害者就職面接会へ行ってきました。

先週の金曜日に愛知県体育館で行われた障害者就職面接会へ行ってきました。

県外からも希望者が参加するようで、愛知県体育館(大相撲名古屋場所が行われているところです。)は企業ブースだけでスペースは一杯です。

そこに車椅子の方、耳が不自由で手話を必要とする方、全盲で介護を必要とする方、知脳障害で親御さんの付き添いを必要とする方etc色々な方が居ます。

ここでもそうですが、いつもブースを出している企業があります。それはそれで企業としては素晴らしい行動なのですが、個人的に面接に落ちましたという事しか分からないのが歯がゆいのです。

愛知労働局のえらいさんが挨拶していましたが、愛知県の障害者雇用率は全国平下回っているそうです。なおかつ精神障害者の雇用率は他の障害者に比べて三分の二程度だそうです。

そこで実際、この障害者就職面接会に何人参加して何人が就職出来たのか、という数字が出せないのか、と思うのです。

ハローワークの現場の方が何とか頑張って色々な会社に採用してもらおうとして努力していることは素直感謝しますが、もしかして「出るだけ出てください」と声を掛けて結局誰も取らないという状態になっていないか?と邪推(心配)してしまいます。

厚生労働省は一度考えていただきたい。という失業者の切なる願いです。

 
コメントする

投稿者: : 2012/02/20 投稿先 メンタル, JOB

 

2/2豊橋で行われた障害者就職面接に行ってきました。

2/2豊橋で行われた障害者就職面接に行ってきました。

面接したある会社が「2/9までに連絡が無かったらご縁が無かったという事で・・・」と言ったが、何の連絡も無い。やはりダメでした。最終的にお祈りレターが届きました。

何が悪いのか全く判らないまま、2社ダメでした。(事情を全く知らない親は)自動車免許を持っていないのが原因と言われますが、免許を取るお金がありません。学生時代に取るべきでしたが苦学生だったため、そのお金もありませんでした。愛知県では私くらいの歳で自動車免許を持っていないのはほぼ絶滅危惧貴種なのです。それでも仕事内容を見る限り自動車に乗る必要が無い会社。もしくは自動車通勤不可の会社もあるんですが、免許の有り無しが問題なのか。単純に私のスキルが足りないのか。まぁ何1つ自慢出来る資格が無いことも拍車を掛けているかもしれません、がこれも推測にすぎません。もしかして精神障害自体が嫌がられているのかも?と疑心暗鬼になります。

今回初めて同じ障害の方と話す機会があったのですが、厳しい状態のようです。(その方のその後はわかりませんが)

年に2回やっているのですが、毎年ブースを出している会社が数社、いや殆どの会社が毎年ブースを出しています。

それはそれで障害者にとってはありがたいのですが、逆に考えると取る気が無いのでは?と疑ってしまいます。

その帰りに母から電話。お世話になった叔父が亡くなったとの方。享年83歳。15年ほど寝たきりでしたが大往生でした。その足で通夜・告別式とその受付とか・大阪から来た叔母の名古屋城への案内と続いて、気遣い過ぎる俺にはちょっとしんどくて5日位寝っばなしです。面接も上手くいかないようだし、嗚呼って感じですね。

次は2/17(金曜日)に名古屋で同じような障害者就職面接会があります。

(同じ面接会に出席される方、どなたかいませんか?)

色々準備しなけれならないのですが、明日やっつけです。

もっと浮かれた話しを書きたいのですが、こんなところです。

 
コメントする

投稿者: : 2012/02/14 投稿先 メンタル, JOB

 

絆という名の下に。

禁断の果実?障害者雇用代行・・・

震災以後、”絆”という言葉が(恐らく)震災地以外では、標語のように口にされたり、目に付く場所にうろうろしている。たぶん、戦争中の標語「欲しがりません、勝つまでは」「鬼畜米英」とかいうのはこういった感じであたかも喜んで受け入れた、かのように広まったんだろう、と想像してしまう。理由は、完全に標語で実態を伴っていないこと、政府にメリットがあること&政府が標語の言葉を実行していない所、反対しにくい空気が広がるetc…

私自信、震災・原発事故に対しては気にしているし、些少の小銭は今でも寄付している。

でも街を走る社用車にステッカーを貼り付けてたり、東京(東日本)ではないのに、夜間の照明の自粛だとか、「バカじゃねーの」と言えるようなものばかり。そんな事するならその分を寄付しろよ、と突っ込んでしまう。

その中には震災以前にもあった非正規雇用や貧困・生活保護受給者問題など無かったかのような雰囲気だ。率直に言うと非雇用問題などは労組(=連合)の不作為というのが私の見立てなのだが、このリンク先の事実には驚かされた。

最近、時々聞く障害者雇用の代行。これは、企業の障害者雇用を代行する会社がサテライトオフィスを構え、代行する会社の社員(サポートスタッフ)が採用か ら処遇いっさいを行うというものです。サテライトオフィス内でAさんとBさんは○○社、CさんとDさんは△△社、ブースごとに別会社となります。まさにコ ペルニクス的な発想です。不利・不満・不安を解決するところにビジネスあり、これは企業が障害者雇用に向き合うことなく雇用率を手に入れる仕組みでもあります。

しかし何故か違和感を感じます。障害のある人の人権、ノーマライゼーション、社会参加、多様性、キャリアそんなことを考えると・・・どうなんだろう。以 前、企業の方が冗談で「いっそのこと福祉作業所をまるまる買い取りたい…」なんて言っていたのを思い出します。この仕組みは、まさに書類上の雇用関係と 言ってもいいでしょう。

そんなに障害者は怖いのか、不要なのか、会社に居ては迷惑なのか。

障害者とを結ぶ事は嫌なことなのか。

コメントには法定雇用率に関する福祉行政に限界がある、という意見もある。

法定雇用率の操作や助成金の種類を「政策」としているようでは障害者雇用促進は進みません。多分、出来る企業と出来ない企業に二極化していくように思います。そこに今回のようなビジネスが成立してしまう背景があります。

このコンプライアンス重視の企業社会の中で、半数以上の企業が守っていない法律についてもう少し検証する必要があります。半数以上が守れない法律というとこれは、もはや企業の理解の問題でなく社会の「仕組み」や政策の課題に目を向ける必要があります。
どうして半数以上も守れないのか、阻害要因は何か、丁寧に調べ上げる必要があります。それを制度にフィードバックしていくべきです。
今はそういう時期だと思います。(将来に向けて)

会社としては本来不要な労働者、もしくは罰金という考え方なのか・・・

最近、ダイバーシティーなどを目指してなどとと名乗る会社が自グループ会社に特定小会社を作ったりして、ここで言うダイバーシティーとは男女(特に女性)が働きやすい環境を目指していることが殆どなんだが、企業側からするとそういった事も本当はメンドクサイ事なのかもしれない、と思ったりする。

福祉でもなく、罰金から逃れる訳でもなく、双方を尊重する事は出来ないものか。

今私は無職で、当然人を雇う立場には無く、企業に進言出来る立場にも無い。それにこれを解決する良案もない。

追記:朝日新聞・読売新聞主催で自殺対策月間フォーラムが開かれ、茂木健一郎が基調講演「東日本大震災後~新たな絆づくりのため」と題する講演をするらしいが、茂木が講演するのも気に入らないが、東日本と自殺問題は非常に問題だが、安易に絆って言葉を使うな。

 
コメントする

投稿者: : 2012/01/25 投稿先 メンタル, JOB

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。