RSS

古賀政男のオナニー

24 6月

ニッポンモダンタイムス Empire of Jazz

八方破れ言いたい放題―著名人69人を爼上にのせて悪口雑言メッタ斬り

最近リイシュー盤が出るなど脚光を浴びるディック・ミネ、生前の記憶は全く無い。かなり無茶してたというのは噂では色々聞いた。この本はそんなミネの「言いたい放題」が満載なのだがそこにに興味のある一節が。

古賀先生と呼んでいた古賀政男についてこんなことを書いている。

「釈迦の仏壇返し」これも古賀先生に教わったんだけどね。あの人、性的にちょっと変わったとこあってね。

下に布団敷いて、押入れの上の段に登るの。それでセンズリかいて、それっていうとき、布団に転がり落ちるんだって。それが最高にいいんだって。これが「釈迦の仏壇返し」。これじゃ、新婚の奥さんも逃げ出すよな。

最後の一節にもあるようにやや何某かをほのめかしている。

 古賀先生の言葉で忘れられないのが、

「女は魔物だ!」

どういうことかよくわからないけど、忘れないよ。あの人、一回結婚してるんですよ。だが、女房がすぐ逃げ出した。原因はどっちにもあるんだががね。

古賀先生は女言葉を使うんだよ。ちょっと高い声なんだけど、口もと押えて「あらっ」なんて、しょっちゅうやってた。

決定盤 古賀政男 心のギター

;
なんとなくは知ってたが。

わからないのは何で俺がこの本を持ってるのか?自分で買った覚えはあるのだが何で買おうと思ったのか・・・どういうことがよくわからないけど・・・

広告
 
コメントする

投稿者: : 2012/06/24 投稿先 BOOK, 芸能, Music,

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。