RSS

障害者就職面接会への不満

24 1月

年2回、ハローワーク。愛知労働局などが主催する障害者(身体・知的・精神)合同面接会の準備を色々していて色々と思うことがある。
精神障害者でぼ無職の私は色々考えてしまう。

1:障害者面接会にしか公募されない情報がある。
→結果、就職を希望する人が殺到する→担当者の担当がおざなり。→結果すらよこさない会社すら出てくる。

最後は問題外なんだが・・・

1の問題は大きいのです。

2:非正規雇用が多い
障害者は賃金が安くてもしかたない?アルバイト並の時給・給料の求人が多い。

3有期雇用が多い
「契約を更新する可能性有り」としている会社があるが、「最長4年」など指定する会社も多い。

4:職安の説明がヘタ。

合同面接会のため、職安へ履歴書”のようなもの”を提出する。そこに

■給料・職種・勤務地などの希望内容

という欄がある。これまで出席した際に、「そんな・・・こちらで条件をつけるなんてトンデモないっす」と思って書いていなかっただけど、どうやらこの欄は「自分がいか貴社に貢献できるかをアピールする欄」らしい。健常者でもこんなもんか??

たぶん、健常者の方も同じなのだろう。
企業側の論理も分かる。

けどね・・・障害年金も生活保護も受けていないし、受けられない私は何らかの形で働かなければならない。

「何でも良いから働け」
「死ぬ気になれば何でも出来る」

そう鬱病である私には上記2つとも出来ないですよ。

一市議会議員と県会議員に陳情のメールを出してみたが、「詳しくお話を聞きたいですね」という謎の返事をもらったが、ビビっていけなかった。もう1回話して陳情してこよかなぁ。

ちなみに三河地方は2/2(応募は終了)、尾張地方は2/17(応募は1/27まで)、実際政治家には見に来て欲しいものです。

まぁ愚痴です。

広告
 
1件のコメント

投稿者: : 2012/01/24 投稿先 メンタル, JOB

 

タグ:

障害者就職面接会への不満」への1件のフィードバック

  1. TATUKI

    2012/05/25 at 10:23

    私も神奈川県障害者就職面接会に参加したが、非正規採用企業の雇用期間が短縮されていた。ある大企業は社員の受入が1年後という雇用状態になっていた。これほど馬鹿にした面接会はない。

    いいね

     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。