RSS

TBSラジオ 「 Life」のプレゼントが当ったぜ! #life954

04 12月

TBSラジオでLifeという番組があるのですが深夜25:00~28:00 (=月曜1:00~)だ。

(昔聞いていたABC「サイキック青年団」と同じ時間帯)
その他にポッドキャスト録音部分をあわせて聞くと日曜30:00(全盛期のピンクレディー並のタイムスケジュール)ということもある。

同時にUst中継が行われていますので、TBS圏外からも番組を聴くことが出来ます。

AMラジオは電波の特質上、夜なるとかなり遠距離で聞くことが出来ますので頑張ればなんとか聴けます。

ここで話はAMラジオ自体の話になるのですが、

住んでいたのは愛知なので関東圏(三宅裕二のヤングパラダイスや文化放送の吉田照美、コサキン・伊集院光)、関西圏(主にヤングタウン)、当然東海地方の地元局の面白い番組(CBC小堀勝啓のわ、ワイド)など夜ワイド全盛期には分単位でチューニングを変えるほどでした。勿論周波数も記憶しています。
私が小中高校生の時はラジオにかじり付き、今に至るまでAMラジオっ子であります。FMは余り聞きません。

話を戻して

さて、この文化系トークラジオをいうサブタイトルが付いておりハードな話題(危険なという意味ではなく)メインパーソナリティー鈴木謙介(番組内でのあだ名はcharlie)が社会学者であるため、サブパーソナリティーも出版会・学者が多いためリスナーぶっちきりなトークがあります。

今回のテーマは「ゲームと社会設計」というテーマでハードに話題が進む。
前口上、ならぬ番組へのお誘いが以下の通り

charlieです。

僕らが子どもの頃、「ゲームは一日一時間!」って標語がありました。

テレビゲームの消費者だったのは当時の子どもたちで、

大人から見るとよく分からない、なんだか危なっかしいものでした。

その頃の子どもが大人になって、ゲームの受け手の幅が広がり、

ゲームってどういうものなのかを知る人が増えた現在、

テレビゲームやビデオゲームの枠を超えて、ゲームというものの根本的な

可能性に迫る考え方が出てきています。それが「ゲーミフィケーション」。

今年になってビジネス系の分野でもにわかに流行語になり、注目を集めて

います。

ゲーミフィケーションとは、ゲームのルールや仕組みを取り入れることで、

プレイヤー(ゲームの参加者)に特定の行動を促す仕組みのこと。

たとえば子どもに対して「きょうだいでどっちが早くお片付けできるかな?

早くできた方にはおやつを増やしてあげるよ。」なんて言って片付けさせる

のがそのひとつの例ですね。

この「おやつ」にあたるものを、アナログ、デジタルな手段を使ってポイント化

して、大人も参加したくなるようなゲームに仕立てましょうということなんですね。

こういうゲームが受け入れられるのは、ルール設計の巧妙さだけでなく、

多くの人が「ゲームの比喩」で物事を理解できるようになったから、というのが

大きいと思います。たとえば、力仕事で疲れているのを「HPがゼロだ」って

表現しても、まあだいたい伝わるんじゃないかと思います。

この「ポイント」と「テレビゲーム感覚」のふたつが、今後の日本で

ゲーミフィケーションを考えていく重要な鍵になると、僕は思ってます。

そんなわけで今回のLifeは、その「ゲーミフィケーション」の本質に迫るべく、

「ゲームが私に与えた影響」を手がかりに「ゲームによる社会設計」をテーマ

にして話していきます。ゲーミフィケーションはまだ海外で注目されている

度合いが高いですが、ゲーム大国日本だからこそ通じるルール設計や、

それにまつわる問題を論じることってできると思うんですよね。

リスナーの皆様からも

私の人生にゲームが与えた影響」や「ゲームで社会を設計するアイディア

についてメールを募集します。仕事や勉強の効率化、社会問題の解決など、

色んな分野で「ゲーム」を活かす方法、考えてみてください。

私はいわゆるゲームをストリートファイター2で諦めた野郎なので、盛り上がる内容についていけない部分があるのだが、
今回はメインパーソナリティーの新刊がいただけると番組内で告知があったため、急いでそれっぽいメールを送りました。

私の人生にゲームが与えた影響」というお題から麻雀についてメールしてみました。

結論としては「運が左右する」という陳腐な内容でかつ、ご同輩には”あるある”である寝落ちをしてしまい結果採用されたかはこれから公開されるポッドキャストを聞くしかないのですが多分このブログ同様にへたな文章でしたので採用されることはなかったでししょう。
で今回、応募に当選しまして愛知県にある私の自宅にTBSラジオからの郵便物が届く、というラジファンである私には興奮状態。
プレゼントは↓
SQ “かかわり”の知能指数

です。
著者のサインつきでいただきました。(簡単にアップ出きるカメラ付き携帯がないのが悔しいのですが)

こんな作者のサインつきの本は2冊目、一冊目は落合信彦(笑)。

惜しむらくは同時にプレゼントとして告知されていた「ウクレレ」が欲しかった事。
でもそこには文句は申しません。
内容の感想はぼちぼち書いていきます。

 

まぁそんあラジオライフです。
”ラジオライフ”でピクッとされるハードコアなファンの方がいらっしゃるかもしれませんが、そこの知識はほぼ皆無です。でも立ち読みはしてたなぁ・・・

広告
 
コメントする

投稿者: : 2011/12/04 投稿先 ラジオ,

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。