RSS

CM大賞20年分(ただし2002年時点の)

04 12月

CM NOW 98

今もあるのですが、雑誌「CMNOW」という雑誌がありまして、高校生当時良く立ち読みしてました。

買わなかったのは小遣いが少なく、他に欲しいものが一杯あったので買えませんでした。

この雑誌は文字通りCM(特にTV)の専門誌なのですが、ちょうどいわゆる”アイドル”、アイドル雑誌に載り、レコード(もしくはCD)を出して、TVの唄番組に出て、コンサートツアーに行って、写真集を出す、といった”アイドル”が高橋由美子を最後に居なくなり、グラビアアイドルなど旧態の”アイドル”が居なくなってしまいました。アイドルを見られる場はアイドル雑誌を除けばCMが殆どという時代でした。(そこからの上昇が本当にアイドルになる道になりました。)当時3Mと呼ばれた宮沢りえ、牧瀬里穂、観月さやかが隆盛を極めていましたが、CMでは観月は低い順位でした。そのため、このCM雑誌が、「ボム」や「スコラ」などのアイドル雑誌と同様の位置づけにありました。少なくとも私のそのつもりで見ていました。

先日ブックオフでこの雑誌を105円で入手、この「CM大賞20年分」という特集を見ていると”懐かし地獄”といった感じ。
1位がポケベルのCM、というのも時代ですなぁ・・・今の若い人はポケベルって知らないもしくは名前だけ聞いたことがある、といった感じでしょう。(たぶんそのはず、私の周辺の平成生まれはそうでした。)
バブル前後の景気のいい時代のCMが多く「いい時代だったんだなぁ・・・」としみじみしてしまう訳ですが。

色々、試行錯誤の末、その上位21位までの影像をYoutubeから抜粋しました。(雑誌は100位までランキングしています。)

印象は「広末涼子の圧勝」です。20位まででも4個。

以外なのは内田有紀が100位の中にも無事。俺好きだったのになぁ。

一時期、と言っても数年前でも、私の好きな女性タレントランキングトップ3は、

高岡早紀

内田有紀

中山忍

(次点:斉藤由貴、広末涼子)

でした。これを歳下に言うと笑われましたが。

高岡早紀のアルバムはヨーロッパ風の名作だと思っております。
ゴールデン☆ベスト 高岡早紀

では雑誌「CMNOW」の選んだCM大賞20年分(2002時点)でのトップ21位です。



コカコーラCM 「i feel coke 88 オフィス編」

コカコーラ CM 「i feel coke 88 ~ ナイトライフ編」

ちなみに上↑の2つは一括りでのランキングでした。

これを面白おかしく、かつ大真面目、かつ非モテの観点から分析した
【ニコニコ動画】【80年代】俺たちの敵はここにいた!コカコーラCM特集リターンズ!
は必見です。



牧瀬理穂 味の素おかゆ


広末涼子 – 明治ガルボ[1996]

NTT エコノミーアワーズ

本上まなみ 田中麗奈 – Pocky CM

デーモン小暮 写ルンです

Glico Mousse Pocky CM Kago, Goto, Thuji,Yaguchi

CM ポカリスエット『あいしてるの国篇』

サッポロ黒ラベル




四姉妹物語篇

ちなみに私が好きだった(というよりファンになったきっかけのこちら↓)は29位でした。
高岡早紀CM ハウス フルーツインゼリー 1991

味の素HOT ONE~高岡早紀~

こちらに至っては100位にも入っていませんでした。
ファンの贔屓目ですが。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2011/12/04 投稿先 TV, 懐かし

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。